RIEKOさまへー

原文

インドサッカー協会とセレブリティマネジメントグループは公式にプレミアリーグサッカーに6つの権利を与えるデリケートな契約(?)に着手した。

コルカタ、2012年1月13日:インドサッカー協会 西ベンガル
ベンガルのフットボール運営母体とセレブリティマネジメントグループ(CMG)(インドをリードするマネジメント組織の一つ)は、本日コルカタでのプレスカンファレンスにて、プレミアリーグサッカー(PLS)に6つの権利を与える提案をするデリケートな契約に着手した。また、CMGはファビオ・カンナヴァーロ(イタリア)、フェルナンド・モリエンテス(スペイン)、ジェイ・ジェイ・オコチャ(ナイジェリア)、ロベール・ピレス(フランス)、ロビー・ファウラー(イングランド)、エルナン・クレスポ(アルゼンチン)といった6人の世界的選手が「アイコン」プレーヤーとしてPLSでプレーするために指名した。彼らは2012年2月25日にキックオフする。権利を与えられるPLSの6つのチームはまた、ピーター・レイド(イングランド)、ジョン・バーンズ(イングランド)、サムソン・シアシア(ナイジェリア)、マルコ・エチェベリ、コリン・トッド(イングランド)、テイチュア・トダーソン(バンクーバー・ホワイトキャップス)、ミロス・ルス(スロバキア)といったワールドクラスのコーチも迎える事になる。

このエキサイティングで革新的なPLSのモデルは、インドの新たなサッカー人口の増加と共に、インドのサッカー産業の合理化する事を期待されている。ホンドルの秘書?であり?、インドサッカー協会(西ベンガル)U.K.ガングリー氏、取締役バスワール・ゴスワミ氏、セレブリティマネジメントグループのCEOのダラムダット・パンディ氏、といった面々が会見に登場した。

権限を与えられる場所は、向こう10年でコルカタ、バラサット、ホウラー、ハルディア、デュガプール、シリグリである。どの場所も最低基本料金(年間権限付与料)は、コルカタ、シリグリはラ1000万ルピー、バラサットは800万ルピー、そしてハルディアとデュガプールは700万ルピーである。どの企業、合弁会社も、最小を備えたSPVは、5.00USドルの純資産を組み合わせました、何百万あるいは過去3年の各々中の1000万USドルの年間売上高(組み合わせられた)もが、PLSフランチャイジーを得ようと努めるかもしれません。(ここめちゃくちゃ)
これは少なくとも、あと三カ所で同様の契約に従わせることを義務づけられる。最後の10年は、再交渉又は更新のオファーがある。

この入札に興味を持った人は、2012年1月14~21日の間にニューアリポレにあるCMGのオフィス又はIFAのオフィスで入札書類を買うことが出来る。
入札の受付は、22日の午後2時まで、入札が公開されるのは同日午後4時になる。その他の入札書類に関する情報は、CMGまで(電話番号)

インドサッカー協会(西ベンガル)U.K.ガングリー氏は言う。「これは、インドのテレビ放送を通してサッカーファンに影響力を与えようする目的における、先駆け的なものだ。PLSの使命は、
ベンガルのスポーツ文化の発展を培うこととベンガルの人々のメンタルの健康とフィジカルの強化を手助けすることだ。PLSにとっての着地点は、インドのスポーツ文化を発展させ、新たな観客(ファン?)とインドのサッカーの照準を引き上げることだ。」

おわり。
by kobo_natsu | 2012-01-29 21:25