<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

FIFAの収賄疑惑について連日報道されてますが、捜査に乗り出したのはアメリカの司法省という組織です。これは、今回の摘発がアメリカのFCPA(The Foreign Corrupt Practices Act 連邦海外腐敗行為防止法)という法律に基づくものであるからと思われます。FCPAとは、外国の公務員に対する贈賄行為を禁止する法律で、日本では不正競争防止法という法律の中の条項の1つに類似の規定があります。
この法律のすごいところ(怖いところ?)は、アメリカの法律であるにもかかわらず、広く他国にも影響するという点です。
たとえば、インドネシアで、中国の公務員に対して賄賂を渡した場合でも、この法律で罰せられます(「域外適用」といいます。)。ただ、1つ条件があって、賄賂を渡した会社や個人が、アメリカの会社、アメリカで上場してる会社もしくはアメリカに子会社などの関連会社を持つ会社であること、個人の場合は、アメリカ市民、国民または居住者であることが必要になります。
日系企業には、アメリカに関連会社を持っている会社が多数あるので、このような日系企業には、気をつけなくてはならない法律になります。実際、このFCPA違反で捕まってしまった日系企業はいくつかあり、有名なところでは、ブリジストン、丸紅でしょうか。

本件の調査の端緒となった事案は、アメリカの某スポーツウエアメーカーが、1996年に南米のとある国のサッカー協会とサプライヤー契約を締結したときに、不必要なお金が動いたのではという疑惑なのだそうです。ちなみに、サッカー協会というのは国家組織ではなく民間団体なのだそうで、このままでは、FCPAは適用されません。
どうやら、スポーツウエアメーカーからサッカー協会へ支払われたお金の一部がFIFAの関係者流れるという形で、贈賄行為を行ったのではないかと見られているそうです。すなわち、スポーツウエアメーカーとサッカー協会間の取引が、マネーロンダリングに使われたという疑いがあるみたいですね。これは憶測になりますが、FIFAの職員は公務員とみなされ、FCPAが適用されたのだと思われます。
スポーツウエアメーカーから直接FIFAの関係者にお金が渡されていなくても、FCPA違反になるのかという疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、間接行為でも違反になります。実際ブリジストンは、仲介を頼んだ現地エージェントが、ブリジストンが知らないところで勝手に賄賂を渡していたにも関わらず、有罪になりました。これがFCPAの怖いところです。
ちなみにこのスポーツウエアメーカーは、FIFAの汚職報道後すぐに、疑惑を否定する声明を出しているそうです。

このスポーツウエアメーカー、私の愛する某チームのサプライヤーでもあるので、なんとか関与してないといいのですがね。

※ まだ調査が始まったばかりで情報も少ないので、齟齬があれば、随時更新します。

[PR]
by kobo_natsu | 2015-06-02 11:32 | ニュース
今、私が一番好きな選手である、ケビン・ガメイロ。背は小さいけど、スピードとテクニックがあり、とても勘がよい選手です。ゴール前でのポジショニングが良く、ゴールもアシストも出来る。相手DFに前線からプレスをかけ、貪欲なまでにボールを追いかけ、ボールを持ったら相手DFの守備の網を切り裂くかのように、ゴール前に切れ込むその姿は、獰猛なキツネ、ケモノそのものです。

10-11シーズンまで在籍したロリアンでは、2年連続リーグアン得点ランク2位という実績を積み、鳴り物入りで移籍市場に出されたはずでした。さかし、獲得に名乗りを上げていたビジャレアルやバレンシア等のスペインのクラブが、軒並み財政難のため獲得を断念し、最終的には当時カタールのファンドがオーナーに変わり、潤沢な資金を得たばかりのパリ・サンジェルマン(以下「PSG」)がガメイロを獲得しました。
一部には、ガメイロがスペインに行かずにフランス国内にとどまったのは、当時フランス代表監督であったブランからの、国外よりも国内にとどまる方がプレーの機会が増え、代表にも選ばれやすくなるだろうという助言によるものだという話もありましたが、結果的には逆の結論になってしまいました。

もともとPSGのオーナーであるアル・ケラフィ氏の意向ではなく、当時PSGの監督であったコンブアレが獲得を熱望したガメイロは、2011年の冬の移籍市場でコンブアレが解任されると、状況が悪くなりました。ガメイロの様なパサーを必要とするFWを好まないアンチェロッティは、オアロや後に獲得したイブラヒモビッチを1トップに据え、ガメイロは控えに回る日々が続きました。出場時間が減ったガメイロは、ゴール数も振るわず、2011年秋を最後に、代表から遠ざかりました。

2013年、アンチェロッティがマドリーに行ったのと同時に、ガメイロもめでたくスペインのチーム、セビージャに移籍する事が出来ました。2012年のEURO出場を目指してPSGに移籍したが叶わず、今度こそ代表での国際舞台を踏めるかと思われましたが、セビージャでのプレーぶりも、代表のライバルであるベンゼマ、ジルー、レミなどを凌ぐには至らず、2014年W杯に出場することができませんでした。
14-15シーズンは、序盤こそ怪我で出遅れたものの、後半はロリアン時代を思わせるようなケモノぶりを発揮したり、サイドからクロスを上げるなど、ユーティリティ性が向上しました。ガメイロの動きが、ゴール前のアイデアを創造的にするようになったように思います。スタメンで出るよりも、途中出場の方がゴール率が高いというのは、ベンチが定位置になってしまったPSG時代の名残なのでしょうか、要らぬ「習慣」が身に付いてしまいました。

本来のプレーを取り戻し、ELを制し、そしてCL出場権を得た今、来季こそは、スタメンで出てもゴールを決めて、3度目の正直で2016年のEUROに出場してほしいものです。

[PR]
by kobo_natsu | 2015-06-01 11:31 | 選手
何か話をしたくても語る言葉が出てこない、というのはよくある事で、語る言葉が出て来なくなり、ブログが墓場状態になった。その後ツイッターを始めて、再び144文字で語る言葉なら出てくるようになったけど、結局また、うまく言葉が出て来なくなって、しょうもない日常の事が大半を占めるようになってしまった。
どなたかのツイートで目にしたのだが、最初のころ、あれだけ夢中になって書いていたブログやツイートが、時が経ちフォロアーや読者が増えるほどに書きづらく、無難な内容に終始するようになり、やがてつまらなさを感じてしまい止めてしまう状況が、テレビの深夜番組で人気を博し、その後ゴールデンに進出したが、大衆受けを狙うあまり面白くなくなり、視聴率が低迷して終わるという番組のサイクルのようだというのは、まさにその通りだと思う。
興味を持ってくれる方が増えるのは大変有難いことである。しかし、人目を気にすると、途端に内容がつまらなくなり、自分自身もつまらなくなってしまうのだろう。
今年の1月で、ほとんど更新してないブログが10周年を迎えたのを機に、改めて原点に帰り、人目を気にせず書きたい事をツイッターやブログにアップし、そしてサッカーと素直に向き合い、ブログも月1回程度は更新しようかと思っているが、果たしてどうなるか。
ツイッター上で実際にお会いして、リアルに友達になっている方がいる今、前のようにカッコつけたブログを見られるのがとても恥ずかしいということが、更新を滞らせていた理由の一つであった。しかし、今一度、その羞恥心をかなぐり捨てて見ようと思う。
おそらくそれが、私にとっては、自分が自分である事を確立するための手段の1つであるからだと思うから。

ここまで、私の蹴球生活が充実したのは、他の誰でもない私の大切な友人のおかげ。改めてありがとう、jumpin画伯!

もし、まだのぞきに来てくださる方がいらしてたら、ほんとにありがとう。これからもよろしくお願いします。

[PR]
by kobo_natsu | 2015-06-01 10:12 | 蹴球生活