<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

☆ ルーマニア×フランス 0-0

もう、1週間近く前の試合ですが、EURO予選ルーマニア×フランスは正直つまらない試合でした。
ルーマニアによく抑え込まれてた、という意味で、ルーマニアを讃えるべきなのでしょうが、それ以前に、フランスが良くなかった。
芝の状態が悪く、ピッチに足を取られることが多かった、とか、過密スケジュールと長い移動時間で疲労がたまっていた、とか言い訳はいろいろあるのでしょうが、それを差し引いても良くなかった。

この日はシステムを4-3-3に変更。中盤の底には、アンカーにキャバイェ(MF・ニューキャッスル)、右エムビラ(MF・レンヌ)、左マルタン(MF・ソショー)とこれまでにない顔ぶれでした。
アンカーにキャバイェなんて、キャバイェの無駄遣いではと思ったのですが、意外にもキャバイェのボールキープ、パス出しが良く機能し、守備から開放されたエムビラは生き生きしていました。マルタンの方は逆に守備的となり、彼の持ち味はいま一つ出ていなかったように見えました。

中盤でボールが回るようになったものの、供給先の前線があまり機能せず、なかなかいい攻撃の形が作れずに、タイムアップ。

最前線のベンゼマは、下がってボール回しに加わるなど、自身の身体のキレの良さはアピールできましたが、シュートを打つ機会はあまり作れず、おそらく消化不良だったのではないでしょうか。アルバニア戦ではやや機能していたサイドアタックも、この日は不発。逆にルーマニアにやり込められる場面も多く見受けられました。

ゴールが奪えなかった原因はなんだろう。
ボールがキープできないという課題はとりあえず、キャバイェによって解消されたように見えたので、あとは前線との連携になるのでしょうか。エムビラ、マルタン(またはアルー・ディアラ(MF・パリ・サンジェルマン)など)が前線の選手への橋渡しがうまく出来るようになれば、若しくはシステムを4-4-2の中盤ひし形に変えてトップ下にもパサーを置くようにすれば、もう少し中央からの攻撃もスムーズに行くのかもしれませんね。

次回は10月7日(金)にアルバニア、10月11日(火)にボスニア・ヘルツェゴビナとEURO2012本選出場をかけた戦いをすることになります。
プレーオフにもつれ込むことなく(プレーオフには苦い思い出もあるし…)、1位通過で予選を突破して欲しいですね。
[PR]
☆ アルバニア×フランス 1−2

前11分:ベンゼマ(FW・フランス、レアル・マドリッド)
前18分:エムビラ(MF・フランス、スタッドドレンヌ)
後1分:ボグダニ(FW・アルバニア、チェゼーナ)

この試合では、ブランはバックラインを大幅に変更。右からレベイエール(オリンピック・リヨン)、カブール(トットナム・ホットスパー)、アビダル(バルセロナ)、エブラ(マンチェスター・ユナイテッド)と、サーニャ(アーセナル)とラミ(バレンシア)を外した試験的とも取れるDF陣で臨んだ。中盤の底にはエムビラとアルー・ディアラ(オリンピック・マルセイユ)。2列目は右からマルーダ(チェルシー)、ナスリ(マンチェスター・シティ)、リベリ(バイエルン・ミュンヘン)、トップはベンゼマ。

c0040315_1932451.jpg


マルーダは、自由に動く若者たちのカバーできないスペースを埋める程度の役割がちょうどいい。
彼らの攻撃にほんの少し触れる程度のサポートでよいと思われるのだが、アルー・ディアラ、エムビラが思いのほかアルバニアに凌駕され、中盤を支配できずにいたため、マルーダはサイドを走り回るという思わぬ苦役を強いられた。中盤で囲い込めなかったアルバニア勢が、おぼつかないレブルーのバックラインにそのまま流れ込んだため、何度もピンチを招いた。

c0040315_19325063.jpg


アルバニアは怖いほど狡猾で、レブルーを研究していた。ガタガタのバックラインが、スペースをタイトにするためにラインを押し上げればその裏を突き、怖がって引きこもれば、前線に網を引いてナスリを罠にかけた。アルー・ディアラがボールをキープできず、供給先のナスリも封じられた。

c0040315_19363164.jpg


アルバニアの戦術は一貫していた。布陣を引いてフランスをおびき寄せ、自陣で徹底的につぶす。フランスが疲弊した頃に、裏を突いて速攻でカウンターを仕掛ける。アルバニアに当たり負けしたナスリとアルー・ディアラは、思うようなプレーができていなかった。そのため、フランスの攻め手はもっぱらサイドとなり、右はレベイエール、左はリベリのサイドアタックが頼みの綱だった。

c0040315_1940447.jpg


最前線のベンゼマは、アルバニアの厳しいプレスにさらされることが少なかったため、網にかかる仲間を助けに自由に動いてフォローに回っていた。後半に入ると前線にボールが巡ってくる時間が格段に少なくなったため、身体がキレていたベンゼマの見せ場が少なくなってしまったところは口惜しくもある。

c0040315_1935252.jpg


レブルーの前半の2点は、前線が一瞬機能した時に奪ったゴールであったため、残りの時間は、もろいDFを突かれたところを凌ぐ、という苦しい戦いぶりであった。

攻撃にしろ守備にしろ、不調の原因は中盤の底にあるように思われた。
守備に関しては、相手の攻撃を摘み切れず、攻撃については、相手のフィジカルに当たり負けしてしまった結果、ボールをキープし、前線に送るという作業が効率的になされていなかった。中盤の底のエムビラとアルー・ディアラは、双方共に攻守を半分ずつ担当するピボーテと理解しているが、二人の連携が未だ成熟していないため、そのバランスがあまり良くはなかった。

アルー・ディアラがフォローを要求しているときに前のスペース目掛けて走りこむなど、意図に沿わない動きをするエムビラに、アルー・ディアラはやや苛立ちを覚えているようにみえた。この日のエムビラは単体としては自分の持ち味であるボールの奪取、スペースへのタイミングよい飛び出しをこなし悪くなかったが、アルー・ディアラとセットで考えるとあまり良くはなかった。しかし客観的には、アルー・ディアラがボールをキープできない、当たり負けしてた等、一人で中盤の不出来を背負わされているのかもしれない。

c0040315_1935488.jpg


では、次のルーマニア戦はどうすべきか。
まず、中盤の底の2人の組み合わせと役割を再度検討すべきだろう。バックラインが不慣れな今のレブルーにおいては、中盤の底には、今回のように二人とも攻撃と守備をするのではなく、攻撃と守備を完全分業にし、バックラインの負担を減らすことが必要と思われる。そのためには、アルー・ディアラかエムビラのいずれかを外し、守備的素養の高いマテュイディ(パリ・サンジェルマン)を置くのが妥当であろう。
さらに、バックラインの組み合わせもあわせて検討すべきである。私見では、レベイエール(サーニャでも可)、ラミ、カブール、アビダルの4人が安定すると考える。
前線に関しては、このままでも問題ないと思われるが、右にメネズ(パリ・サンジェルマン)を入れることにより前線をより流動的にすることも有効であろう。
明日のルーマニア戦は、内容の伴った勝利を期待する。
[PR]