<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アフリカ大陸初のW杯は、レブルーにとって、将来二度と思い出したくないと思うであろう、悲惨なものとなった。
フランスサッカー協会と対立した選手たちに用意された帰りの飛行機の座席は、エコノミークラスだったそうだ。しかし、これは今回のレブルーの働きに見合ったものと言えるだろう。

サッカー外の出来事については、ここで語るまでもなく、メディアがこぞって報道しているので、割愛させて頂く。
では、純粋にサッカーだけを考えると、レブルーは何が問題だったのか。

確かに、敗因は選手のメンタルによるものと思われるが、そのような目に見えないものだけが原因であるとすると、問題の本質はぼやけてしまう。
そのため、あくまで私見であるが、客観的要因について以下に考察する。

今回の敗因は、選手の持つ特性と、実際に与えられたポジションがマッチしてなかったということに尽きるように思われる。特に前線は、選出者の偏見と「世間体」のみによって配置されていたように見えた。誤解を恐れずに言うと、選出者は、自らが扱いやすく、かつ、選出しなければ自らがバッシングを浴びる恐れのある選手を、でたらめに並べたに過ぎない。
すなわち、選出者は、チームとして機能することよりも、自分にとってリスクの少ないチームを作り上げようとしたのだ。

第1戦の布陣を見てみると、トップにアネルカ(FW・チェルシー)、左にリベリ(FW・バイエルン・ミュンヘン)、真ん中にグルキュフ(MF・ジロンダン・ボルドー)、右にゴブ(FW・オリンピック・リヨン)を置いているが、サイドアタックをかけたいリベリと中央でボールを配給するグルキュフは連携しなかった。また、右サイドバックのサーニャ(DF・アーセナル)のオーバーラップも、ボールが回ってこないために報われなかった。
第2戦では、グルキュフを外してマルーダ(MF・チェルシー)を投入したが、マルーダとリベリの役割は重複する上、中盤から前線へのボールの配給が上手くいかなった。
第3戦はシステム以前の問題であったが、今回のW杯の布陣の中ではまともだったように思われる。グルキュフがレッドカードを受けて退場しなければ、少しはまともな試合が見られたかもしれない。

では、今回のW杯は、どのようにすればベストな布陣だったのだろうか。
ジダンは、今回のレブルーについて、「第1戦ではマルーダを犠牲にし、第2戦ではグルキュフを犠牲にした。」と述べていた。
これを踏まえると、おそらくはトップにアネルカ(又はジニャク(FW・トゥールーズ))、左にマルーダ、真ん中にグルキュフ、右にリベリを置くべきだったのだろう。
リベリについては、クラブでの定位置が左であるため、ドメネク監督に対し自らを左に配置してもらうよう直訴したと言われているが、この際にドメネクは、リベリの望みをかなえるのではなく、自らの戦術とその中でのリベリの役割についての理解を求め、リベリを右に配置することを納得させるべきだったのだろう。このようなことは、監督として当たり前にすべきことであり、サッカーチームの監督であれば、どのチームでも普通に行われているだろう。
レブルーの大きな敗因は、監督が当たり前のことを当たり前にやっていなかったことにあると言っても過言ではない。

先日の南アフリカ戦をもって、レブルーはドメネクが采配を振るった約6年間にわたる「悪夢」から開放された。
次にレブルーの舵取りを任されるのは、公式に発表はされていないものの、98年W杯の優勝メンバーであるローラン・ブランに内定している。
ブランは現役時代から、最終ラインからの的確なフィードにより、レブルーの攻撃を組み立てるなど、DFでありながら優れた戦術眼を持っていた。また、ブランはその選手としての実績から、レジェンドとして、若い現役の選手からのリスペクトを十分に集め、束ねる手腕も期待される。

レブルーの新体制が発表されるのは、W杯後であるが、次のビッグタイトルであるEURO2012へ向けた船出に期待したい。
[PR]
☆ ウルグアイ × フランス 0-0

メキシコとの対戦を考えると、フランスにとっては勝っておきたい試合でしたが、スコアレスドローに終わりました。

フランスは、これまでの戦いぶりに比べると善戦していましたが、個人技頼みのにわか仕込みなチームであることは否めませんでした。
中盤はそれぞれの『感覚』で構成できるものの、フィニッシュの精度が低い。
肝心のゴール前の動きについてのアイデアや意思疎通が不足しているように思いました。
サイドと中央の使い分けについては、依然に比べれば向上していたので、試合をこなすごとに進化していくことが期待できそうです。

対するウルグアイは、おそらく守りを固めてからのカウンターを狙っていたのでしょうが、レブルーは守備についても個人技が高いので、マンツーマンマークで押さえられていました。
レブルーの攻撃陣を封じるため、リスクを犯して強めに対処していたウルグアイは、残り10分ほどのとこで、イエローカードの累積により、仲間を1人失いました。
しかし、10人になったウルグアイを相手にしても、レブルーはゴールを奪うことができませんでした。

ドメネクは後半に入り、アンリ(FW・バルセロナ)、マルーダ(MF・チェルシー)、ジニャク(FW・トゥールーズ)を投入しましたが、功を奏せず。変えた選手が、アネルカ(FW・チェルシー)、グルキュフ(MF・ジロンダン・ボルドー)、シドニー・ゴブ(FW・オリンピック・リヨン)と、抜ける選手と入る選手がチームに対し補完作用を働かせるような交代ではなかったため、不満が残る内容となりました。

とりあえず、緒戦を落とさなかったことは評価に値すると思いますが、勝てた試合だったのではないかと思うだけに、悔やまれます。

以上、殴り書きですいません。
次回はグループリーグの山場であるメキシコ戦なので、さらに調子を上げてくれることを期待したいです。
[PR]
c0040315_4551821.jpg


フランス代表応援中。
ワインはオーストラリア産ですが…。
[PR]
by kobo_natsu | 2010-06-12 04:56 | 蹴球生活
どうもご無沙汰しております。こちらはすっかり墓場と化しておりますが、皆様お元気にしていらっしゃいますでしょうか。私はなんとか元気にやっております。

あと1時間弱でW杯が開幕しますね。
開幕直前ではありますが、独断と偏見に満ちたグループリーグ突破予想とともに、各代表ごとの個人的注目選手を挙げさせていただきました。

*凡例 ◎ 本命   ○対抗    ▲ 大穴

◇ グループA
南アフリカ ▲ モコエナ(DF・ポーツマス)顔が気になる。
メキシコ ◎ マルケス様(DF・バルセロナ)削られたい。いや、痛いからやめておく。
ウルグアイ ○ マキシミリアーノ・ペレイラ(DF・ベンフィカ)直感で上手そうな気がする。
フランス ○ ジニャク(FW・トゥールーズ)ゴール前の飛び出しが良い。ボールの扱いも秀逸。期待してるよ。

◇ グループB
アルゼンチン ◎ マスチェラーノ(MF・リバプール)上手くてガツガツしていて良い。
ナイジェリア ○ ハルナ(MF・ASモナコ)顔が気になるし、モナコだし。
韓国 ▲ パク・チュヨン(FW・ASモナコ)ポジショニングが上手いし、モナコだし。
ギリシャ   カラグーニス(MF・パナシナイコス)もじゃもじゃ。

◇ グループC
イングランド ○ ショーン・ライトフィリップス(MF・マンチェスター・シティ)右からの攻め上がりが爽快。
アメリカ ◎ ボーンスタイン(DF・チーバスUSA)元FWらしい。
アルジェリア ▲ ジアニ(MF・ウォルフスブルク)ベンゼマ(FW・フランス代表、レアル・マドリッド)とファーストネームが同じだから(カリム・ジアニ)。
スロベニア   チェサレ(DF・グルノーブル)強そう。

◇ グループD
ドイツ ◎ シュバインシュタイガー(MF・バイエルンミュンヘン)速くて上手くて言うことないね。
オーストラリア   ケネディ(FW・名古屋グランパスエイト)日本にいるんだ!  
セルビア ○  イバノビッチ(DF・チェルシー)確かオールマイティだったような。
ガーナ ○ ギャン(FW・レンヌ)アグレッシブでよい。

◇ グループE
オランダ ○ ディルク・カイト(FW・リバプール)親和性の高さがよい。
デンマーク ◎ トマソン(FW・フェイエノールト)持ち込んでからゴールまでが繊細でステキ。
日本 松井大輔(MF・グルノーブル)突破とゴール前の臨機応変なプレーに期待。
カメルーン ○ ソング(MF・アーセナル)舵取りに注目。

◇ グループF
イタリア ◎ ピルロ(MF・ACミラン)パスの軌跡が芸術的。私的好みのフットボーラーの理想型。
パラグアイ    ロケ・サンタクルス(FW・マンチェスター・シティ)ゴールが見たい。
スロバキア ○ ムハ(GK・レギア・ワルシャワ)多分、名前がフランス読みだとミュシャなんだろう。
ニュージーランド ▲ ビセリッチ(DF・オークランド・シティFC)名前からして東欧系な気がするから。


◇ グループG
ブラジル ◎ ルイス・ファビアーノ(FW・セビリア)遅咲きのタレントに期待。
北朝鮮  ▲ アン・ヨンハ(MF・大宮アルディージャ)大宮に居るんだ!
コートジボワール ○ トゥーレ・ヤヤ(MF・バルセロナ)あの攻撃参加は脅威を通り越して惚れ惚れする。
ポルトガル ○ リカルド・カルバーリョ(DF・チェルシー)ピークは過ぎても技術は高いと思う。

◇ グループH
スペイン ◎ シャビ・アロンソ(MF・レアル・マドリッド)出番は少ないだろうけど、パスさばきが見たい。
スイス ▲  マニャン(DF・チューリッヒ)上がりたがる人だった気がする。
ホンジュラス ゲバラ(MF・CDモタグア)なんかみてみたい。ジャケ買いに近い興味。
チリ ○ スアソ(FW・レアル・サラゴサ)za-saコンビの爆発力を1人で再現してみてほしい。


さてさて、どうなりますかね。
楽しみにしております。
[PR]
by kobo_natsu | 2010-06-11 22:08 | ニュース