<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

すっかりご無沙汰していて、ごめんなさい…。
理由は相変わらずです。
苦しんでおります…。
しかし、自分のことなので頑張ります。

気がつけば、今日はチャンピオンズリーグの準決勝1stレグ、第1日目ですね。
ちなみに、本日開催される試合は、下記の通りです。

☆ アーセナル×ユベントス  スカパー 3:30~ 184ch

☆ バルセロナ×ベンフィカ   スカパー 3:30~ 185ch

《お詫び》 放送チャンネルが間違えていました…。正しくは、

アーセナル×ユベントス  185ch
ベンフィカ×バルセロナ  184ch

です。訂正してお詫びします…。

いずれも、注目度の高い好カードですね。
いずれを見ようか、迷ってしまいます。
まだ決められないので、朝起きた気分で決めようと思います。

で、この2つのカードに関連して、気になった2つのニュースをご紹介します。

◎ テュラム、フランス、イタリア社会に苦言。

ライブドアマルカによると、テュラムは、フランスの新聞・ル・モンドゥ紙に対し、フランス社会はアメリカ化し、イタリア社会では人種差別が侵攻しているとして、両国の社会問題に対し、苦言を呈したそうだ。
フランスについては、貧富の差が広がり、富裕層と貧民層の生活エリアがはっきりと分かれ、コミュニティが崩れつつあると語り、全ての人が平等に扱われない不条理さにつき鋭く提言したそうだ。
また、パオロ・ディカーニオ(FW・イタリア、ラツィオ)がサポーターに対しファシスト敬礼をし、サポーターもそれに応えたことについて、深刻な問題だとイタリア社会に対して、問題提起をしたそうだ。

■ テュラムは以前から、自ら筆をとり、人種差別に関する著書を出版するなど、フランスの社会問題に対して、率直かつ適格に意思を表明してきました。これは、憶測に過ぎませんが、彼も又、被差別者であったことによるのではないかと推測されます。
テュラムのいう、貧民層と富裕層の生活エリアの分断化というのは、私が1月にパリを訪れた際にも感じられたことでした。
華やかなパリの中心を離れるにつれ、そこに住む人の生活水準は低くなっていきます。
パリ郊外に向かう高速電車(RER)は、安価で遠くまで行けるため、そのような人々がたくさん乗っていて、なんとなく社会に対する無常観の様なものが漂っているように感じられました。
ちょうど、スタッド・ド・フランスに向かう電車が、そのような感じでした。
チャンピオンズリーグの決勝が行われるその場所は、実はパリの「裏の顔」が秘められた場所なのだということが肌で感じられました。
この場所でサッカーの試合を行い、たくさんの人にこの場所やフランスの現状を肌で知ってもらうことにより、フランス社会の抱える問題が少しでも快方に向かうことを願いたいですね。

フランス社会の問題とサッカーとの関係については、詳しくはallez_psgさんのところに掲載されていますので、ご覧ください。


◎ ロナウジーニョ、アンリのバルサ行きを後押し

ライブドアマルカによると、ロナウジーニョは、バルサがアンリの獲得を検討している可能性があることにつき、好印象である旨を示したそうだ。
同じく、ナイキのCM撮影でその場に居合わせたロビーニョも、アンリについてマドリーに来ることを歓迎している旨のコメントをしたそうだ。

■ アンリは未だ、アーセナルとの契約を更新していないため、このような移籍の噂が絶えません。
しかし、チャンピオンズリーグでの戦いぶりを見る限り、現在のアーセナルを技術面・精神面から支えているのはアンリであるため、プレーを見る限りではアーセナルに残る意思があるようにも思えます。
おそらく、今季のCLn行く末が、アンリの来季の行き先を決めることになるかもしれませんね。
アンリを引き止めたければ、アーセナルはチーム一丸となって、ビッグイヤーを狙うことが急務となりそうです。
そのためにも、今夜のユーべ戦は、絶対に負けられない試合になりそうです。
欧州の舞台での栄光を求めて移籍したアーセナル前キャプテン・ビエラ(MF・フランス代表)と、アーセナルの可能性を信じて留まった、現キャプテン・アンリ。
2人の対決に注目ですね。
[PR]
by kobo_natsu | 2006-03-28 12:59 | ニュース
とある国際会計事務所によると、昨シーズンの欧州のクラブの上位20チームの中で、総収入が一番多かったのは、レアル・マドリッドなのだそうだ。

それまで、9年連続首位を獲得していたマンチェスター・ユナイテッドの総収入が、前年比5%減の2億4600万ユーロ(約340億円)だったのに対し、マドリーの総収入は前年比17%増の2億7600万ユーロ(約380億円)だったのだそうだ。

総収入は入場料収入や放映権料、ユニフォームのスポンサー料などの合計で算出される。
マドリーの増益の分の大半はスポンサー料の増加によるものなのだそうだ。
この記事を掲載した新聞は、マドリーの増益とユナイテッドの減益の背景には、ベッカムの移籍が密接に関連しており、改めて彼のブランド力の高さを浮き彫りにしたと分析している。

このような数字や分析を目の当たりにすると、マドリーのチーム作りにおいて、スポンサーとの関係が勘案されているのではないかという、疑念が強くなる。

ボスマン判決による移籍市場の規制緩和や高騰し続ける選手の年俸や移籍金、それに相反するようにして起こった放映権料バブルの崩壊により、クラブは資金調達をクラブや選手のブランディング(ブランド力をつけ、商品価値を高めること)に頼らざるを得なくなったことは確かだ。

そしてそれは、スポーツ用品メーカー・アディダス社のアジア戦略など、サッカー取り巻く企業とも利害が一致する。
アディダス社は、2002年W杯をアジア市場開拓の契機とし、今年のW杯はアジア市場拡大の商機とみて、そのための投資を惜しまずにいる。
さらに同社は、日本を「堅い」市場と判断し、日本でもっとも親しまれているプロスポーツである野球の読売ジャイアンツとオフィシャルパートナー契約を結ぶ周到さを見せている。

確かに、資金調達は重要だ。
オリンピック・リヨンやビジャレアルなど、資金調達に成功したチームは、競技においても成功を収めている。
しかし、木を見て森を見なければ、本質を見失うことにもなりかねない。

oasisのリアムの言葉が胸に響く。

「サッカーに専念して勝利にふさわしい奴らなら、勝つんだよ。」
[PR]
by kobo_natsu | 2006-03-14 16:40 | ニュース
☆ バレンシア VS レアル・マドリッド   0-0

スタメン

バレンシア

GK:カニサレス(スペイン代表)
DF:ミゲル(ポルトガル代表)
   アルビオル(スペイン?)
マルチェナ(スペイン代表)
モレッティ(イタリア)
MF:アルベルダ(スペイン代表)
バラハ(スペイン代表)
アングロ(スペイン代表)
アイマール(アルゼンチン代表)
レゲイロ(ウルグアイ代表)
FW:ビジャ(スペイン代表)

4-2-3-1

マドリー

GK:カシーリャス(スペイン代表)
DF:サルガド(スペイン代表)
   セルヒオ・ラモス(スペイン代表)
   メヒア(スペイン)
   ラウール・ブラボ(スペイン代表)
MF:グティ(スペイン代表)
   ディオゴ(ウルグアイ代表)
   シシーニョ(ブラジル代表)
   バティスタ(ブラジル代表)
   ジダン(フランス代表)
FW:ラウール(スペイン代表)

4-2-3-1

あんまりちゃんと見られなかったのですが、概要だけでも少し書きたいと思います。

マドリーは、前半は積極的にパスを回し、バレンシアゴールに近づいていました。
素早いプレスに、複雑なパスワーク。
先日のチャンピオンズリーグ敗退のショックを見せず、意欲的にプレーしていました。
マドリーは、グティの中盤の底上げが効いていて、両サイド、中央ともに、ボールが前後するのに伴い、適切な距離を保って上げ下げしていました。
布陣全体が1つになっていたのです。

しかし、対するバレンシアは、引いて守りの壁を厚くし、中盤でマドリーのボールを奪うと、目を見張るようなスピードで速攻を仕掛けてきました。
パスを回して消耗するマドリーと比べると、バレンシアの方が効率よく攻撃しているように見えました。
バレンシアは、最近調子の良いジダンだけはかなり警戒していたらしく、常に2人以上が対応していました。
ボールを持てば、必ず足4本に刺されるジダンは、アーセナル戦の時と同じく、ちょっと不満げでした。

逆に、マドリーが警戒していたのはアイマールとアングロ。
ディオゴは彼らにきついタックルをお見舞いしていました。
この日、久々の先発出場を果たしたディオゴは、グティと中盤でコンビを組んでいました。
まだ、不慣れなこともあり、この二人のコンビネーションはやや不安定でしたが、柔らかいプレーから、身体を入れた泥臭いプレスまでこなせるディオゴに、改めて潜在能力の高さが感じられました。

対するバレンシアのピボーテ、アルベルダとバラハは、さすが熟練コンビだけあって、過不足なく仕事をこなしていました。
アルベルダの守備力に、バラハのオールマイティさが上手くかみ合い、バレンシアを動かしていました。
この試合を観戦していたアラゴネス爺も、このコンビを代表で再び起用することを考えたかもしれませんね。

前半走らされたマドリーは、後半は運動量が落ち、布陣も間延びしてスペースが出来始めました。
しかし、プレスをかけることは怠っていなかったため、アイマールに自由をあたえることなく、事なきを得ているように見えました。
バレンシアも、それほどパスワークが冴えていなかったので、ロングボールからの単調な展開が目立ちました。

最後、終了間際に交替で入ったカッサーノが得たPKを、やはり交替で入ったロナウドが外し、ゲームセット。
お互いにとって、痛い引き分けとなりました。

今回、マドリーがゴールを奪えなかったの原因のひとつに、ラストパスの精度がイマイチだったということがあげられると思われます。
そういう意味では、ベッカムの不在は響いたのかもしれません。
しかし、あのパスワークを見てしまうと、やはり右はシシーニョの方が流れが良いように見えました。
ラウール・ブラボは随分と攻め上がりがスムーズなってきました。
後は、ラストパスの精度を上げれば、ロベカルの後継者として育つのではと思いました。
褒めすぎ?

メヒアは、最初はおぼつかない感じでしたが、後半はクリアボールをそのまま攻撃の起点とする良いパスを何本か出していました。
その調子で頑張ってほしいです。

マドリーは、良い形は出来つつあると思うので、このまま進んでいってほしいですね。
次節のベティス戦も、良い試合を期待しています。  
[PR]
mayuさんが、さらに詳しいレビューを書いてくださっていますので、どうぞ!!

スタメン

アーセナル

GK:レーマン(ドイツ代表)
DF:エブエ(コートジボアール代表)
トゥレ(コートジボアール代表)
センデロス(スイス代表)
フラミニ(フランス代表)
MF:セスク・ファブレガス(スペイン代表)
ジウベウト・シウバ(ブラジル代表)
フレブ(ベラルーシ代表)
→ ベルカンプ(FW・元オランダ代表)
リュングベリ(スウェーデン代表)
レジェス(スペイン代表)
→ ピレス(MF・フランス代表)
FW:アンリ(フランス代表)
4-2-3-1


マドリー

GK:カシーリャス(スペイン代表)
DF:サルガド(スペイン代表)
→ ロビーニョ(FW・ブラジル代表)
セルヒオ・ラモス(スペイン代表)
ラウール・ブラボ(スペイン代表)
ロベルト・カルロス(ブラジル代表)
MF:グラベセン(デンマーク代表)
→ バティスタ(MF・ブラジル代表)
ベッカム(イングランド代表)
ジダン(フランス代表)
グティ(スペイン代表)
FW:ラウール(スペイン代表)
→ カッサーノ(FW・イタリア代表)
ロナウド(ブラジル代表)

4-1-3-2


グティは布陣上はトップ下だったが、実際はトップ下と中盤の底を行き交いながら、チームを動かしていた。
トミーとグティのピボーテは、連携、バランスともに優れ、序盤のマドリーの攻勢に貢献した。
マドリーはトミーの底上げにより前線をコンパクトに保ち、ワンタッチでリズム良くボールを回した。

対するアーセナルも、網の目のようなマドリーのパスコースを器用に切り、低めに構えたアンリの、縦一本のスルーパスから得点機を見いだそうとしていた。


一瞬気を抜けば、命取りとなる。
そんな緊迫感の中、ゲームは小刻みに左右に動いた。

トミーのアイデアあふれるゴール前への浮き玉から、マドリーの最初のチャンスが生まれた。
トミーはロナウドの動きや意図を良く理解していたが、ロナウドの頭に触れたボールは僅差でポスト横に流れた。

マドリーの攻撃を担ったのは、グティである。
グティからボールを受けたジダンは、思いのままにプレーしていた。
ジダンには、センデロス、エブエがつき、ジダンは彼らのチェックにクレームをつけるほど熱くなっていた。

最近大人になったといわれるグティも、主審の出したカードに鬼の形相で抗議していた。

アーセナルは中央よりも右サイドのフレブの攻撃が光った。リュングベリが良いおとりとなり、生き生きと躍動するフレブに、ロベルト・カルロスは手を焼いていた。
反対サイドでは、サルガドとレジェスのマッチアップが展開されていたが、こちらは代表の先輩サルガドが優勢だった。
しかし、サルガドが守備に追われたため、マドリーの右サイドは機能しなかった。
ベッカムは相変わらず流れを滞らせたため、マドリーの攻撃オプションは1つ減った形となった。

また、セルヒオ・ラモスはアンリのマークが外れたり、パスミスや無意味なロングボールなどで、しばしばピンチを招いた。

アーセナルは、前線のアンリやフレブ、リュングベリもマドリーDFに積極的にプレスをかけてきていたため、最終ラインも中盤並みに逼迫した状況にあった。
1つのミスも許されないし、パスの1つ1つを無駄にしてはならなかったのだ。

その意味では、ベッカム、ラモスの精彩を欠いたプレーは、マドリーにとってもどかしいものだった。

お互いに試合を通して、同じくらいの決定機を迎えたが、枠を外れたり、GKやDFの体を張った好プレーにより事無きを得ていた。

後半開始、監督はロナウド、ベッカムを信頼したのか、動かなかった。
やや運動量の落ちたマドリーは、アーセナルにスペースを与えつつも、体をぶつけて善戦した。

続きです。
[PR]
コメントを下さった皆様。
返信遅れて本当にごめんなさい。
先にCLの結果をお届けします。


☆ アーセナル VS レアル・マドリッド   0-0

マドリーは今年も1回戦でビッグイヤーとアディオス(さよなら)となってしまいました。
試合は1stレグと違い、白熱した好ゲームとなりましたが、マドリーは今一つ心残りな結果となりました。
詳細は別記事にて。
アーセナル勝ち抜けです。

☆ オリンピック・リヨン VS PSVアイントホーフェン  4-0

前26分:チアゴ(MF・ポルトガル代表、オリンピック・リヨン)
前49分:チアゴ(MF・ポルトガル代表、オリンピック・リヨン)
後26分:ビルトール(MF・フランス代表、オリンピック・リヨン)
後45分:フレッヂ(FW・ブラジル代表、オリンピック・リヨン)

リヨンは貫禄の勝利ですね。
注目度は低いながらも、国内外で死角なしというところでしょうか。
優勝候補の一角を担うことになりそうです。
リヨンが2回戦進出です。

☆ リバプール VS ベンフィカ   0-2

前35分:シモン(DF・ポルトガル代表、ベンフィカ)
後40分:ミッコリ(FW・イタリア代表、ベンフィカ)

ベンフィカは、きっちり2戦とって勝ち抜けましたね。
ミッコリは、昨季もフィオレンティーナの点取り屋として活躍しました。
レッズは調子の波に乗れなかったようで残念ですね。
予備戦からの疲れが出たのかもしれませんね。


☆ AC.ミラン VS バイエルン・ミュンヘン   4-1

前8分:インザーギ(FW・イタリア代表、AC.ミラン)
前25分:シェフチェンコ(FW・ウクライナ代表、AC.ミラン)
前35分:イスマエル(DF・フランス、バイエルン・ミュンヘン)
後2分:インザーギ(FW・イタリア代表、AC.ミラン)
後14分:カカ(MF・ブラジル代表、AC.ミラン)


ミラン、点取りすぎですね・・。
叩きすぎです。
インザーギは怪我明け好調ですね。
W杯出場に向けて、良いアピールとなったのかも知れません。

ミランは一時の不調から脱し、フォーメーションの歯車が再び噛み合いはじめたことが、スコアラーの面々からうかがえますね。

ミランが勝ち抜けを決めました。


したがって、2日目は、アーセナル、リヨン、ベンフィカ、ミランが勝ち抜けました。
マドリー残念ですが、その分バルサ、ビジャレアルに頑張ってもらいましょう。
[PR]
by kobo_natsu | 2006-03-09 08:11 | ニュース
スタメン
は、のちほど掲載しますね。


1stレグに敗戦を喫したチェルシーは、とにかく点を取らなくてはならなかった。
そのため、序盤攻勢に出たのは、アウェーのチェルシーだった。
しかしこの日のチェルシーの布陣は4-2-3-1で、マケレレ-ランパードの2ボランチにトップ下はロッベン。
いささかいびつに思えた。
実際、サイドの守備が弱かったチェルシーは、ランパードにかかる守備の負担が重く、慎重なランパードは、いつものように思い切り良く前に出られないように見えた。
そのため、前線へのボールの供給は、マケレレにかかっていた。
それを知っていたらしきデコは、執拗にマケレレを狙い、攻撃の起点をつぶしていた。
さらにトップ下のロッベンは、アイデアはあるものの、やはりライン際で生きる選手と思われたため、中盤と前線のつなぎ役は、難しいようだった。
そのため、チェルシーの中盤と前線は分断し、ドログバは前で孤立した。
中央で勝負できないとわかったチェルシーは、右のジョー・コール、左のダフの両サイドアタッカーによる攻撃を展開。
一方がボールを持てば、他方は糸を引くように動き、可能性を感じさせたが、得点にはいたらなかった。

チェルシーが、まるでネジが1つ取れた機械のように不安定な状態でいるのに対し、バルサはそれを弄ぶかの余裕が感じられた。
最終ラインのマルケスは、悠々とロングフィードで攻撃を組み立て、バルサは無理に攻め入らず、様子をうかがう。
そして、相手のパスミスやスペースのほころびを見つけた瞬間、一気にギアを入れ替え攻め入った。

この日のバルサは、いつもより冷徹で、研ぎ澄まされた魅力があった。


つづく。
[PR]
☆ バルセロナ VS チェルシー   1-1

後33分:ロナウジーニョ(FW・ブラジル代表、バルセロナ)
後48分:ランパード(PK)(MF・イングランド代表、チェルシー)


試合の詳細については後ほど。
少しだけお話すると、互いにらしくない試合でしたが、バルサには余裕が感じられ、効率よく試合を運んだように見えました。
チェルシーはサスペンションに泣いた感じに思えました。
試合はドローでしたが、トータル3-2で、バルサが2回戦進出を決めました。
バルセロニスタの皆様、おめでとうございます!
ブルーズファンの皆様、残念ですが、私はダフ(MF・アイルランド代表、チェルシー)のシュートやクロスにしびれました。


☆ ユベントス VS ヴェルター・ブレーメン   2-1

前13分:ミクー(MF・フランス代表、ヴェルター・ブレーメン)
後20分:トレゼゲ(FW・フランス代表、ユベントス)
後43分:エメルソン(MF・ブラジル代表、ユベントス)


前半が終わり、スコアを確認した時は、このままブレーメンが行くかと思われましたが、さすがユーベですね。見事な逆転勝利で、2回戦進出を決めました。
トータルスコアは4-4ですが、ドローの場合はアウェーの得点を倍に計算するので、合計6-5となり、ユーベが勝ち抜けとなります。

トレゼゲの得点は、安定していますね。1stレグでも貴重なアウェーゴールをあげていました。
レ・ブルーでも、期待したいです。


☆ ビジャレアル VS レンジャーズ   1-1
前12分:ロベンクランズ(FW・デンマーク代表、レンジャーズ)
後4分:アルアバレーナ(DF・元アルゼンチン代表、ビジャレアル)


1stレグでも得点していた注目の若手ストライカー、ロベンクランツが、またもやゴールを決めました。
チャンピオンズリーグのような大舞台で得点を決めらられるというのは、ある意味実力以上の何かを感じられますね。
やはり注目です。

しかし、試合はビジャレアルが同点に追いつき、2回戦進出を決めました。
トータルスコアは3-3ですが、アウェーゴールを倍に計算すると、トータル5-4でビジャレアルが勝ち抜けです。

ビジャレアルは、会長主導で、クラブの財政を建て直し、3~4年かけて地盤を固め、地道に作り上げてきたチームです。
その成果がここまで花開いたことは、本当にすばらしいことだと思います。
攻撃的で魅力的なサッカーは、リーガファンならずとも、魅了されたことでしょう。
リーガの同胞の快挙は、本当にうれしいです。
次回は、さらに困難な試合となると思いますが、期待したいですね。


この結果、バルサ、ユーベ、ビジャレアルが勝ち抜けを決めました。
マドリーも今夜、後に続いてほしいものです。
[PR]
by kobo_natsu | 2006-03-08 08:31 | ニュース
どうもご無沙汰していてすいません。
更新が滞ったのは、単なるスランプです…。
次回は、駄作でもきちんと掲載しますね。

で、皆さまにお願いです。
いつもお世話になっているjoaquinさんが、アンケートを実施中です。

お題は 「ファニートのお相手」

c0040315_1249595.jpg
ベティスのセラ監督の信頼厚きCBのファニート(左写真・DF・スペイン代表)の相方に最適なのは誰か、教えてください。
このファニート、DFであるにも関わらず、あこがれの選手はマルコ・ファンバステン(FW・元オランダ代表、現オランダ代表監督)という、なんとも素敵な人です。

ちなみに筆者は、リバス(スペイン)とメジ(芸術家)(スペイン)で迷ったあげく、メジにしました。

皆様、是非ご参加ください!


    → betis de Golazo!!!! 新アンケート
[PR]
by kobo_natsu | 2006-03-07 12:52 | ニュース