<   2005年 09月 ( 44 )   > この月の画像一覧

c0040315_9111244.jpg先日、AS.モナコの監督を辞任したデシャンの後継として、ラモン・ディアス(FW・元アルゼンチン代表)の名前が挙がっているそうだ。
ラモン・ディアスは、Jリーグの初代得点王であり、Jリーグ創世紀を盛り上げた外国人選手の1人である。
おぼつかない足取りで歩き始めた日本のプロサッカーにおいて、彼のワールドクラスのプレーやメンタリティに魅了された日本のファンは少なくないだろう。

ラモン・ディアスは1959年8月29日生まれの現在46歳。
彼は名門リバープレートでキャリアをスタートさせ、その後インテル・ミラノやAS.モナコなどのクラブを渡り歩き、Jリーグ開幕に合わせて日本にやってきた。

彼は、アルゼンチン代表としても活躍し、左足から繰り出されるシュートは強烈だった。
しかし、決してエゴイストにならず、まわりの選手を活かすことも出来る選手だった。
それはまるで、彼の穏やかで豊かな人間性を表しているかのように見えた。

しかし、彼がエゴイストになれなかった理由は他にもあるように思えた。
彼の代表キャリアには、常に究極のエゴイスト、ディエゴ・マラドーナが伴っていたからだ。

利き足もポジションも同じこの怪物の隣でプレーをしなくてはならなかったディアスは、もしも、マラドーナがいなかったら、80年代のアルゼンチンの英雄となれただろうと言われるほどの才能を持ちながら、常にマラドーナの輝きに霞みがちだったのだという。
また、性格の違いすぎる二人はあまり仲も良くなかったと聞いている。

私がディアスの凄さを思い知らされたのは、ディアスが在籍していた当時の横浜マリノスの練習試合を観に行った時だった。
当時の監督は、ホルヘ・ソラーリ氏(サンチャゴ・ソラーリの叔父)だった。
ディアスは、若い日本人選手達対し、声を張り上げ、時には中盤に下がってまでポジションやパスコースを指示していた。
シュートを外した選手に対しては優しく肩を抱いて指導していた。
その光景を目の当たりにした私は、ディアスのスター似合わぬ真摯な姿勢に心打たれた。
自らの得てきたものを余すところなく伝えようとするその姿は、当時発展途上にあった日本サッカー全体に、世界のレベルをたたき込もうとしているかのようにみえた。

現在の日本サッカーの成長は、ディアスのように表に出ない形で尽力してくれた外国人選手の存在なしではあり得なかったであろう。
彼らは技術のみならず、世界レベルのメンタリティをも伝えてくれたのだ。

日本では、どのスポーツにおいても外国人の台頭を好ましく思わない論調が起こりがちである。それはおそらく、そのことが日本人選手の衰退に直結するという恐怖感があるからであろう。
他のスポーツではわからないが、サッカーに関して言えば、逆にディアスのような外国人選手が、サッカー文化の伝道師として、日本人選手および、日本のクラブの経営陣を世界レベルに引き上げてくれたといっても過言ではないだろう。

c0040315_9114963.jpgそのような伝道師の1人であるディアスが、監督として再び才能を開花させようとしていることは、個人的に喜ばしいことである。
そして、今度こそは誰かの引き立て役に甘んじることなく、主役として欧州サッカー界を席巻してくれることを願って止まない。

bazzinさんが、Jリーグ創世記時代のその他の助っ人外国人選手について書かれています。
→ 「偉大な助っ人たち
とても興味深いですよ!
[PR]
by kobo_natsu | 2005-09-30 12:00 | 選手
◇ グループ F

☆ レアル・マドリッド VS オリンピアコス 2-1

前9分:ラウール(FW・スペイン代表、レアル・マドリッド)
後3分:カフェス(MF・ギリシア代表、オリンピアコス)
後41分:ソルダード(FW・スペイン、レアル・マドリッド)

スタメンは昨日の通りですが、パブロ・ガルシアの1ピボーテで、左グティ、右ベッカム、トップ下バティスタだった様です。

実は、今朝は見事に寝坊しまして・・起きたら後半15分過ぎでした。
体は睡眠を求めていたようです。
その後、再放送を少しだけ見たので、私の見た範囲で思うところを書こうと思います。

今日はスコアの割りには、相変わらず冴えない感じがしました。
それは、中盤菱形が原因ではなく、それ以前の連携と意志統一の問題であるかのように思えました。

今日は両サイドは機能していたように見えたのですが、主にサルガトが前に運んだ後が単調だったように思いました。
フォローもなく、パスコースを作る動きが少ないので、とりあえずベッカムに渡す。
ベッカムはサイドチェンジかクロスを上げるのですが、供給を受けたほうは、入ればラッキー!という感じでした。
ラウールの記念すべきCL50ゴール目こそ、メモリアルに相応しいゴールでしたが、あとは誰のゴールも、全体に雑な印象を受けました。

もう1つのメモリアルゴール、ソルダード(途中出場)のCL初ゴールも、大味な展開ながらも、彼のゴール前のセンスが光っていたように見えました。
トミーが右のベッカムへ、ベッカムがクロスを上げ、ソルダードが頭でシュート。一度GKに阻まれますが、弾いたボールを再び頭で押し込みました。
個人的に、トミーが起点だったことと、不遇なカンテラーノの希望・ソルダードが決めてくれたことがうれしかったです。

おそらくマドリーの前線は、ゴール前のひらめきに長けた選手を並べたものと思われますが、あれだけのタレントを揃えて置きながら、ゴール前ではノーアイデアであるのは淋しいですね。

自由にボールを操り、遊んでいるかのようにゲームを創るのがマドリーの魅力でしたが、あの頃のように最低限の役割分担と意志統一が図られなければ、宝のもちぐされとなってしまうように思えます。

とりあえず、勝てたことを喜び、これからに期待したいと思います。

〈 思い出した!〉
後半、サルガド?に代わり、ディオゴが出てきたのですが、試合終了後にソルダードに駆け寄り、ハグしてゴールをお祝いをしているようでした。
歳が近いせいか、もう打ち解けているのですね。
2人ともレギュラー争いが厳しいかと思いますが、力を合わせて頑張って欲しいですね。


■ その他の気になる試合
◇ グループ E

☆ シャルケ04 VS AC.ミラン   2-2

前1分:セードルフ(MF・元オランダ代表、AC.ミラン)
前3分:ラルセン(FW・デンマーク代表、シャルケ04)
後14分:シェフチェンコ(FW・ウクライナ代表、AC.ミラン)
後25分:アルティントップ(MF・トルコ代表、シャルケ04)

ミランに何が起こったの!
ラルセンは、代表でも点取り屋として活躍しているイケメンストライカーです。

◇ グループ G

☆ アンデルレヒト VS ベティス   0-1

後24分:オリベイラ(FW・ブラジル代表、ベティス)

やったぁ!!ベティコ、ベティカの皆様、CL初勝利おめでとうございます!
オリベイラもバルサ戦の退場を帳消しにする活躍でなによりですね。


☆ リバプール VS チェルシー   0-0

レッズ、止めましたね。
チェルシーは疲れているのですかね。


◇ グループ H

☆ インテル・ミラノ VS レンジャーズ 1-0

後4分:ピサーロ

うれしいことに、フィーゴ、ソラーリ、サムエルが揃ってスタメンでした!
スコア上は苦しい勝利だったようですが、とりあえず勝てて良かったですね。
[PR]
9/7(水)のW杯予選 VS アイルランド戦でグロインペインを痛め、戦列を離れていたジダンは、10/2(日)に行われる国内リーグ VS マジョルカ戦からチームに復帰するそうです。
これは、10/8(土) VS スイス戦に照準を合わせるために決められた復帰プランなのだそうです。
そのため、今日のチャンピオンズリーググループリーグ第2節 VS オリンピアコス戦は、欠場するそうです。
このように、余裕を持って復帰できるのも、現在のシステムが軌道に乗り始めているからだと思われます。
スイス戦が予選突破の最大の山場となるレ・ブルー(フランス代表)にとっては、ありがたいでしょうね。
もちろん、ジダンだけが重要な選手というわけではありませんが、レ・ブルーにとって、現在精神的支柱の1つとなりつつあるジダンが良いコンディションで望めるのは、他の選手にも良い影響を与えそうです。

ファンとしてはジダンの復帰は楽しみですが、とりあえず今日は、ジダンがいないチームが勝利を掴んでくれることを願います。

今日のスタメンはこのようですよ。

GK:カシーリャス(スペイン代表)
DF:サルガド(スペイン代表)
エルゲラ(スペイン代表)
セルヒオ・ラモス(スペイン代表)
ロベルト・カルロス(ブラジル代表)
MF:パブロ・ガルシア(ウルグアイ代表)
グティ(スペイン代表)
ベッカム(イングランド代表)
バティスタ(ブラジル代表)
FW:ロビーニョ(ブラジル代表)
ラウール(スペイン代表)

4-4-2?

ロナウドは、昨季のユーベ戦のサスペンションにより、今回も出場できません。
代わりにロビーニョがラウールと2トップを組みます。

グティと兄貴がドプレらしいですぜ。
[PR]
◇ グループ C

☆ バルセロナ VS ウディネーゼ 4-1

前13分:ロナウジーニョ(MF・ブラジル代表、バルセロナ)
前24分:フェリペ(DF・ブラジル代表、ウディネーゼ)
前32分:ロナウジーニョ(MF・ブラジル代表、バルセロナ)
前41分:デコ(MF・ポルトガル代表、バルセロナ)
後45分:ロナウジーニョ[PK](MF・ブラジル代表、バルセロナ)

この試合、バルサは右サイドにメッシ(FW・アルゼンチン代表)中盤の底にシャビ(MF・スペイン代表)、その左右にデコ、ファン・ボメル(MF・オランダ代表)を配置していました。

バルサは、ボールを支配するものの、昨季のような鮮やかな崩しや厚みのある攻撃は余り見られず、個人技により状況を打開しようとしているように見えました。今日の得点のほとんどはセットプレーからのもので、流れの中での得点はロナウジーニョの2点目のみ(しかも、相手のミスを突いたもの)でした。

対するウディネーゼは、攻撃性の高いバルサ相手に守備を固め、戦い方を心得ていたように見えましたが、頼れるアタッカーの不在に悩まされているように見えました。
右サイドにいたジダンと仲の良いカンデラ(MF・元フランス代表)がミドルシュートを放っていたのが、それを印象づけているように見えました。

しかし、バルサは個人技により確実に得点し、疲弊する中でもメリハリのある戦いを見せてくれました。この辺りはさすがです。
スペクタクルについては、次回に期待したいと思います。

余談ですが、後半が始まる前に、エトー(FW・カメルーン代表)がメッシを抱き寄せて唇が耳につくくらい密着して、耳もとで何か言っていたのですが、あの時のメッシが、昔あった、声を録音して遊ぶおもちゃのぬいぐるみの様に見えました。
何を録音されたのか、気になります(ついに脳をやられたようですよ)。
そして何より気になるのは、ウディネーゼの監督が若林くんのようにキャップをかぶっていたことです。

■ その他の試合

◇ グループ A

☆ ユベントス VS ラピドウィーン   3-0

前27分:トレゼゲ(FW・フランス代表、ユベントス)
後37分:ムトゥ(FW・ルーマニア代表、ユベントス)
後40分:イブラヒモビッチ(FW・スウェーデン代表、ユベントス)

やったー!!
また、トレゼゲがゴールを決めてくれました。次のスイス戦は出られるのかちょっと調査不足なのですが、アンリの出場が微妙なので、彼の活躍に期待したいですね!
しかし、スコアラーが超豪華ですね。
FW3人が競うようにゴールを決めています。

ムトゥといえば、昨年コカイン使用により、チェルシーを解雇、出場停止を食らったことが記憶に新しいと思いますが、彼の人生が狂ってしまったことの主な原因は、彼の奥さん(現在は離婚)の不倫だったのだそうです。
しかもお相手が、あの、アルベルト・トンバ(イタリアの世界的スキーヤー)と聞いて、私のような素人でも知っているようなアスリートがお相手なんて超すげーよ!と男子高校生のような反応をしてしまいました。
同じ女性としては、彼女の不貞を不快に思うよりも先に、彼女のスケールの大きさに驚かされました。
プレーの善し悪しは別として、ムトゥのことは、あまり好きではなかったのですが、この件については可哀想だなぁと思ってしまいました。

とりあえず、ユーベは順当に勝ち進んでいますね。

◇ グループ B

☆ アヤックス VS アーセナル   1-2

前2分:リュングベリ(MF・スウェーデン代表、アーセナル)
後24分:ピレス(PK)(MF・フランス代表、アーセナル)
後26分:ローゼンベリ(FW・スウェーデン代表、アヤックス)

アーセナル勝ちましたね!よかったです!
後から1点返されたのがちょっと気にかかりますが、苦しい中でも、リュングベリの様な中心選手が得点していることは良いことですね。
グループリーグ最大のライバル相手に、貴重な勝ち点をあげました。
このまま連勝を続けて欲しいですね。


☆ トゥーン VS スパルタ・プラハ   1-0

後44分:ホジツ(トゥーン)


◇ グループ D

☆ マンチェスター・ユナイテッド VS ベンフィカ   2-1

前39分:ギッグス(MF・ウェールズ代表、マンチェスター・ユナイテッド)
後14分:シモン(FW・ポルトガル代表、ベンフィカ)
後40分:ファン・ニステルローイ(FW・オランダ代表、マンチェスター・ユナイテッド)


☆ リール VS ビジャレアル   0-0
[PR]
by kobo_natsu | 2005-09-28 09:10 | ニュース
今日はチャンピオンズリーグのグループステージ第2節の1日目が開催されますね。
どうでもいい話で恐縮ですが、マドリーの試合は明日行われるため、今日はどの試合を見ようか、と考えていました。

ちなみに今日は開催されるカードは、以下の通り。

グループ A

ユベントス - ラピッド・ウィーン (ch185)
バイエルン - クラブ・ブルージュ(ch308)

グループ B

FCトゥーン - スパルタ・プラハ 
アヤックス - アーセナル(ch183)

グループ C

バルセロナ - ウディネーゼ (ch182)
パナシナイコス - ブレーメン

グループ D

リール - ビジャレアル
マンチェスター・U - ベンフィカ(ch184)

チャンネル番号が書いてあるものは、今日の深夜3:30~生放送があります。
念のため、番組表で事前にご確認下さいね。

どれも好カードばかりで、迷ってしまいますね。
最近、公式サイトの和訳をしているアーセナル戦を見ようかとも思ったのですが、今日はスペインの同朋、バルサの試合を見ることにしました。
残念ながら、私の好きなジュリは、戦術上の理由から遠征メンバーにも入らなかったそうです。
しかし、マルケス様を始めとする、バルサオールスターズが勢揃いなので、楽しみですね。
素晴らしいゲームを期待しています。
[PR]
by kobo_natsu | 2005-09-27 16:16 | 蹴球生活
c0040315_1392195.jpg

お仕置きされてますね。












c0040315_1432017.jpg


ジダンはあやされていますね。















c0040315_1394774.jpg

怪我は治ったようですね。












c0040315_142157.jpg

復帰が楽しみです。












自由気ままです。
[PR]
☆ アラベス VS レアル・マドリッド 0-3

後15分:ロナウド(FW・ブラジル代表)
後38分:ロナウド(FW・ブラジル代表)
後45分:グティ(MF・スペイン代表)

実はこの試合、意識が朦朧としながら見ていたうえに、録画し忘れたたため、詳しい試合の様子がわからなかったのですよね・・。
なので、見ていて気が付いたことを書こうと思います。

スタメンは昨日の通りでしたが、左にグティ、ピボーテにバティスタが入りました。
これで、パブロ・ガルシアが汚れ役を引き受けることにより、バティスタは前に飛び出すことが出来、グティが攻守を半々ずつ負担することによりバランスが保てたように見えました。

バティスタは、比較的自由に動いて、前線との連携の良さを見せてくれました。
やはり彼は、中央が合っているのではないかと思いました。

いつも筆者がイビっているベッカムも、今日は良かったと思いました。
守備の負担から解放されたベッカムは、生き生きと前に飛び出していました。
個人的に、このスペースへの走り込みこそ彼の良さだと思っているので、本来の姿を取り戻していたように見えました。

相手のアラベスも、よくまとまったすばらしいチームでした。中盤のプレスを効かせ、タイトなスペースに何本もパスを通していました。本当にかっこ良かったです。

前節の前半のマドリーの不調の原因は、守備の負担が右にかかりすぎていて、右の機能が失われていたことであるように見えました。
しかし今回は、守備を負担する選手として、右にパブロ・ガルシア、左にグティを配置することにより、前後左右に攻守のバランスが取れ、チームが機能したように見えました。

また、攻め手についてもグティ頼みにならず、バティスタと共に多彩な攻撃を見せているように見えました。

チーム全体としての大きな変化は、ルーズボールへのアプローチが早くなったことでしょうか。ここが一番の収穫ではないかと思いました。


まだまだ連携に課題はありますが、とにかく勝てて良かったです。
ロナウドが2つもゴールを決めてくれたのもうれしかったです。

c0040315_1341191.jpg

ゴールパフォーマンスは、ひっくり返ったカエルのようでしたけどね。










c0040315_1342147.jpg


明後日のオリンピアコス戦も、ひっくり返ったカエルがたくさん見られるといいですね。
[PR]
c0040315_2037453.jpg
GK:カシーリャス(スペイン代表)
DF:サルガド(スペイン代表)
エルゲラ(スペイン代表)
セルヒオ・ラモス(スペイン代表)
ロベルト・カルロス(ブラジル代表)
MF:パブロ・ガルシア(ウルグアイ代表)
グティ(スペイン代表) 復帰!
ベッカム(イングランド代表)
バティスタ(ブラジル代表)
ラウール(スペイン代表)
FW:ロナウド(ブラジル代表)







今日は4-2-3-1です。
バティスタは退場による出場停止明けの出場、ロビーニョが外れてピボーテにグティが入ります。
グティは久々のスタメン復帰ですね。レジスタ(攻撃を組み立てる)のグティに、ボール回収役の兄貴(P.ガルシア)のコンビはバランスがよく、機能することが期待できそうです。
同時に、今までチームに足りなかった攻撃の組み立てがなしうることにより、前線のタレントを使いこなせそうですね。
相手のアラベスは、昇格組とはいえ、開幕戦でバルサ相手に無失点でドローに持ち込んだ手強い相手です。
どうかチームが上手く機能するといいですね。
勝利を期待しています。


この方の近況。

c0040315_20475379.jpg

単なるランニングなのに、随分楽しそうですね。
[PR]
c0040315_21181049.jpg
トミーは、22日に行われたビルバオ戦について、上手くプレーできず、全てが上手くいっていなかったと話し、前半で交代させられたことには理由があり、監督の判断は正しかったと述べたそうです。
さらに、ベンチで自分のプレーを見つめなおしても何も出来ないので、ピッチでパフォーマンスを取り戻すと語り、今後のパフォーマンスの向上を誓ったそうです。

確かに、キレはなかったかもしれませんが、前半の不調は彼だけの責任とは思えないと、未だトミーバカな私は彼を擁護し続けていますが、明日のアラベス戦も、トミーはスタメン落ちのようです。
しかし、それでも監督を批判せず、むしろ公の場で監督の判断を尊重するこの謙虚な姿勢が素晴らしいですね。
でもミスターは、いくらトミーがこんな優等生なことを言っても、変わらないんだろうと思います。
長いものに巻かれるタイプでしょうからね(エルゲラ度85%?)。

c0040315_21183554.jpg

仲良く写真も撮ったのにねぇ…。










今日も文句ばかりで失礼しました…。

明日の試合に勝利して、水曜日のオリンピアコス戦に向けて弾みをつけて欲しいですね。
[PR]
今日はまた、ベンゲルさんの記事を和訳してみました。
このカテゴリーは、完全にベンゲルさんの追っかけと化していますね。


ベンゲル、アンリの将来についての「幻想的」記事を一蹴

アーセン・ベンゲルによると、ティエリ・アンリを残留させるというアーセナルの望みは、100%堅いそうだ。
今朝の新聞報道は、このフランス人ストライカーは、2007年の夏アーセナルとの契約が切れる前にバルセロナに移籍するらしいことを示唆した。
その日の午後、試合前の会見においてベンゲルは、これらの記事は「幻想」であるとしてこの噂を一蹴し、アンリには向こう4、5年間は、チームを先導してもらうつもりだと繰り返し言い続けた。

さらに監督は、出来るだけ早く、この彼の指導するスコアラー(アンリ)と新しい契約について交渉を始めることを望んでいるが、この28歳のスコアラー(アンリ)は、グロインペイン症候群により戦列を離れているため、それを治すことが先決であると付け加えた。

「我々の望みとモチベーションであるアンリの残留は、100%堅い。」
ベンゲルは言った。
「彼は6年間ここに在籍してる。新聞の報道は、最初は全て誤った記事を作る。私にとって、それは情報ではなく、幻想だ。」

「ティエリはここにいる。なぜなら、我々は彼に信頼していることを示したし、彼のことを信頼しているからだ。我々は、彼に我々と将来を共にして欲しいし、向こう4、5年間は、我々のクラブを導く精神的支柱の1つとなって欲しいと思っている。」

「私が言えるのは、我々は野心に燃えていて、チャンピオンズリーグを制覇したいと思っていることだ。そのためには、ティエリにここにいて欲しい。」

「我々は、今は何の交渉もしていない。なぜなら、彼が今、別の問題(グロインペインのこと)を抱えていることを尊重したいと思っているからだ。しかし、我々は彼と(の契約が)合意に達することを確信している。」

原文



下線部は怪しいです。
イギリスの新聞では、またアンリがバルサに行くのではないかという記事が出たそうで、この記事は、それについてベンゲル監督が否定した時の模様のようですね。
確かに、年内に交渉を済ませなければ、1月のマーケットでアンリが他のクラブに狙われる可能性がるので、クラブ側は焦るし、メディアは面白がって書き立てるのでしょうね。
療養中のアンリには只でさえ試合に出られず辛い思いをしているのにかわいそうですが、何とかアーセナルとの交渉がまとまるといいですね。

c0040315_20511192.jpgしかし、この噂について、アンリの親友であり、元同僚であるビエラ(左写真、MF・フランス代表、ユベントス)は、こんなことを言っていたそうです。

「アンリを繋ぎ止めたいのなら、新たなより良い条件を提示し、ヨーロッパで結果を残せるグッドチームにならなくてはならないだろう。優秀な選手であれば、優勝できるチームに行きたいと思うものだよ。」



これは、暗に自身のユベントスへの移籍の理由を示唆しているようです。
確かに、アーセナルに足りないものは国外タイトルですよね。
ただ、アーセナルは監督とフロントの関係も悪くないようですし、選手補強や配置に関しても適切に行っているように見えます。
ビエラは、アンリがアーセナルに残留するためのモチベーションを上げる様、尽力すべきだといいたかったのでしょうが、このビエラの苦言に対し、アーセナルがどう答えるべきなのかは、とても難しそうですね。
c0040315_20481951.jpg年末までにどうなるか、注目ですね。
[PR]