カテゴリ:蹴球生活( 16 )

昨日、家に帰る道すがら、駅の構内にある本屋を覗いてみた。
いつものように、サッカー雑誌のコーナーへ行くと、推定年令60歳くらいの御婦人が、食い入るようにサッカー雑誌を読んでいた。おそらく老眼で、本を至近距離まで近付けないと文字が読めないのだろう。

サッカー雑誌を立ち読みしているのは、若い男の子か、サラリーマン風の男性と相場が決まっている。
なのに、普通なら某メガネ系韓流スターを追いかけていてもおかしくないような年代の御婦人の心を捉えたのは何なのだろう。
興味をひかれた私は、失礼は百も承知で、その御婦人の後ろをさり気なく通り過ぎるフリをして、雑誌を覗きこんだ。

そこに掲載されていたのは、中村俊輔の写真だった。相変わらずの垢抜けない茸カットに、ぎこちない笑顔を浮かべる俊輔。
でも、この御婦人に限って言えば、俊輔は奥様のハート争奪戦において、某メガネ系韓流スターに勝利したのだろう。

おめでとう、俊輔!
そして、勝手にサッカー文化の伝導師を名乗っている私は、サッカーから一番縁遠いと思われ、攻略は難しいと思われていた年代の女性にもサッカー文化が浸透しつつある事が感じられ、心の中で万歳三唱をしたのだった。
[PR]
by kobo_natsu | 2005-03-16 08:51 | 蹴球生活
昨日、家に帰る道すがら、「CL」という文字が見えたので、駅の売店で売られている夕刊に目を止めた。
よく見てみると、そこには「ベッカムアシスト」とだけ大きく書かれていて、肝心な得点者であるエルゲラの事については、一文字も書かれていなかった。
あぁ。
おそらくエルゲラは、今まで生きてきた中で、一番背筋を酷使した瞬間であっただろうに(真偽のほどはわかりません。スイマセン)、それでも日の目を見ることはないのだろうか。
しかも、あの、ユーベの恐るべき刺客・カンナバーロ(DF・イタリア代表)のマークをかいくぐってのゴールだというのに。(エルゲラのスーパーゴールについての詳しい解説は、こちら!→jumpin_upanddownさんファーポコ
確かに、ベッカムの右足があってこその得点なのだが。

まぁ、別にいいんだけど。
[PR]
by kobo_natsu | 2005-02-24 09:51 | 蹴球生活
今日は、家路につく道すがら、サッカーショップに立ち寄った。
その店は、ユニフォームやあまり似てないミニチュア人形以外にも、欧州のサッカー雑誌や現地に行かなければ手に入らないようなお宝グッズがたくさん置いてあるため、私のようなサッカーバカにとっては、中にいるだけで楽しいディズニーランドのような所。

お店に入って最初に目についたのは、探し求めていたインテル・ミラノの3rdユニフォーム。
手にとって、しばし見ていると、レジにいた店員さんに声をかけられた。
振り向いて、レジに目をやると、意外なものが飛び込んできた。

マドリーの6番のユニフォーム。なんと、エルゲラのホーム用ユニフォームだった。
しかも、番号の周りには、何やらワッペンがたくさん貼ってある。

もしや、これはエルゲラの功績を讃えて、今まで獲得したタイトルのワッペンを付けた限定モノかも!

今思えば、ありえない推察をした私は、思わず店員さんにこう尋ねた。

「これ、売ってるんですか?」

私の予想外の問いに、店員さんは面食らったようだ。
当たり前だ。ついさっきまで、わたしはインテルのユニフォームを凝視してたのだから。

「え!?どれですか?」

「このエルゲラのユニフォームです。」

「ああ。売ってるというか、マーキングできますよ。」

あれ!?

「じゃあ、このワッペンは・・。」

「付けられますよ。マドリーだとチャンピオンズリーグの9とか。」

あれあれ!?

よくみるとそれは、チャンピオンズリーグのワッペン以外にも、プレミアリーグや2006年W杯など、エルゲラが現時点では獲得し得ないタイトルのワッペンも貼ってあった。

なんだぁ、ただの見本かぁ。

「どうしますか?」

「ちょっと考えます。」

恥ずかしさで居たたまれなくなった私は、作り笑いにお決まりの断り文句を並べて、店内を軽く一周。店員さんが他のお客さんの相手をしている隙に、そそくさと店を出た。

マドリーのユニフォームの見本といえば、ベッカムかロナウドしか見たことがない。守備の選手なら、ロベカルと相場は決まってる。
それなのに、エルゲラってどういうことだろう。
しかも入り口に近いレジの横っていう、お店を訪れた人のほぼ全員の目に触れるとこに置くなんて。
お店の人に先見の明があるのか、時代は今、エルゲラの風が吹いているのか。

今夏、もしも再びマドリーが来日するのなら、その時は、エルゲラブレイク間違いなし?
いや、その前にグティ王子が来るだろうな。ミスドCMで。

c0040315_20211922.jpg




「おまえ、アホにもほどがあるぜ。」





そうだね。それは否定しないよ。
[PR]
by kobo_natsu | 2005-02-18 20:23 | 蹴球生活
ユニフォームは、サッカー観戦の時だけに着るものだろうか。
時々街で、ラウールやレコバ(FW:ウルグアイ代表、インテル・ミラノ)のユニフォームを着ている男の子を見かける事はあるが、普段着に愛用している人は未だ少数派。
しかし、サッカーのユニフォームは、意外と色やデザインが可愛いものが多い。
そこで、決してセンスに自信があるわけではないが、仕事や遊びに行くときに、さり気なくユニフォームを着こなせないか、考えてみました。

まず、普段着として着るに当たって大事なのは、ジャストサイズを選ぶこと。
あまりにサイズ大きいと、野暮ったくなってしまうと思うので。
女性には子供用の150か160サイズがおすすめです。値段も大人用より安いし。
ただ、子供用は置いてない場合もあります。ちなみに、私は160サイズを愛用しています。
もちろん、男性の方でも、ファッション誌のモデル風(?)にスマートな着こなしをしたい方は、子供用をお試しください。

以下は、私の使用実例。

【仕事着】

c0040315_12194280.jpgマドリー公式ユニ(左写真。ホーム用の白)+ネイビーの七分丈カーディガン+チャコール
グレーの太めパンツ+レザースニーカー(ベージュ)

カーディガンで背番号を隠したつもりだったのですが、襟元で職場の人にバレました。
私がサッカーバカだと言うことは、周知の事実なのですが、かなり恥ずかしかったです。
仕事着なので、白にネイビーで「ちゃんとしてる感」を心がけました。

【遊び着】

マドリー公式ユニ(ホーム用の白)+ボタンなし紫カーディガン+細身の縦落ちデニムパンツ(グレーがかった紺色)に明るめのグレーのコットンのフレアミニスカートを重ねばき、スカートにはボルドー色のコサージュつき+銀色のパンプス

これは、カーディガンのボタンがないので、胸のロゴが丸見えとなり、かなり注目を集めました。恥ずかしかったです。SIEMENSの宣伝に一役買いました。

センスゼロなのは、お許しを。

今欲しいのは、インテル・ミラノの3rdユニフォーム。ネイビーと青のボーダーがとってもかわいいんですよ。マーキングはもちろん、カピターノ(主将)・サネッティ(DF・アルゼンチン代表)!

みなさんも勇気をもって、ユニフォームを普段着として使ってみてください。
[PR]
by kobo_natsu | 2005-02-04 12:20 | 蹴球生活
私はサッカー好きのカラオケ好き、そして酒好きでもある。
サッカーの試合をリアルタイムで観戦出来ない場合(先日のヌマンシア戦もそうでした)には、ビデオに録画して、お酒を飲みながら見るのがひそかな楽しみである。
ただし、それ以外では、一人で飲むことはなく、お酒を飲む頻度も月に2~3回と、一応限度はわきまえている(つもり)。
空前の焼酎ブームに乗って、以前は焼酎ばかり飲んでいたが、年末に、友人とスペイン料理屋に行ったのをきっかけに、ワインに回帰した。
と、いうわけで、今日は、ワインと共に、私のリーガ観戦の供となる、スペイン風オムレツをご紹介。

【スペイン風オムレツ】(3~4人分)

《材料》

  卵     3個
じゃがいも  中3個
塩  こしょう  サラダ油  バター

*ソース*
マヨネーズ  大さじ3
にんにく  1かけ
砂糖  小さじ1

◇ フライパンは小さめ(直径20㎝くらい)の方がきれいに出来ます。
大きいものしかお持ちでない場合は、小さく固めて焼いてください。

《作り方》

1. じゃがいもは茹でて皮をむき、2cm角に切る。

◇ 電子レンジ(700Wで3分、裏返して2分)で加熱してもよい。ただし、レンジによって火加減が異なるので、外側が固くならないように調節してください。

2. 卵をときほぐし、塩・こしょうで味を整える。そこに、じゃがいもを加えて混ぜる。

◇ じゃがいもの間に卵がある、というくらい、じゃがいもがぎっしり詰まってるのがポイント。


3. フライパンでバター小さじ1を焦がさないように溶かし、溶けたらサラダ油大さじ1と1/2を熱する。

◇ 厚みのあるオムレツになるので、フライパンの壁の部分にも油を行き渡らせるときれいに焼けます。

4. 弱火にして、③をフライパンに流し入れ、表面を平らに整える。

5. 卵の固まり具合によって火加減を調整しながら、表面が少し動く程度に固まるまで、しっかりと火を通す。

6. ひっくり返して中までしっかり火を通したら、できあがり。

◇ ひっくり返す際には、フライパンよりも大きめの平らなお皿(もしくは、なべのふたでもよい)をフライパンにかぶせ、一気にひっくり返し、フライパンに戻すとうまくいきます。

◇半熟だと崩れますので、とにかくしっかりと火を通してください。

7. ソースは、マヨネーズにすり下ろしたにんにく、砂糖を加え、よく混ぜれば できあがり。

◇ このソースは、もともとかなりにんにくのきついソースなのですが、にんにくが苦手な方は減らすか、入れなくてもおいしく頂けます。

8. オムレツをケーキを切るように切り分け、ソースを添えて完成。


スペイン産のワインに、スペイン風オムレツをつまみ、リーガを見ながら、仮装スペイン旅行に浸っています。今年こそ、本当に行けると良いのですが…。
ちなみに、ワインのことは全くわからないので、手頃なものを手当たり次第飲んでいます。しかし、よく飲むのは、カタルーニャ産のもの。あれ?カタルーニャといえば…バルサじゃないか!
[PR]
by kobo_natsu | 2005-02-02 12:30 | 蹴球生活
今日は、私がサッカーをテレビ観戦する時に、お付き合いしてくれる相棒のお話。

c0040315_2134597.jpg名前は、ナツ。2004年生まれ、現在9ケ月。
愛称は、なっちゃん。トライカラーのスムースコートチワワで、男の子です。

我が家にやってきたのは、去年の6月。ちょうど、EURO 2004(欧州No.1を決める、国別対抗戦)が開幕したばかりの頃。
試合を観るべく、毎日夜中に起きていた私に付き合って、なっちゃんも起きて観戦(横にいただけ?)していました。



ジダン擁する、我らがフランス代表が、内容の伴わない勝利をつかんだ、VSイングランド戦。
女性スキャンダルに悩むベッカムが、フランス代表GK、品行方正な禅僧・バルテズ(マルセイユ)にPKを止められた時も、後半ロスタイムの、たった4分間で、ジダンが2点を決める魔力を使った時も、手と手(足?)を取り合い 喜びを分かち合いました。
幼少期のサッカー教育(?)のせいか、顔がサッカーボールに似ています。

最近は寒いので、付き合ってくれません。ちょっと、寂しい。

マドリーか、フランス代表の犬用ユニフォームを発売してくれないかなぁ、アディダスさん。
愛犬とお揃いのユニフォームを着て、試合観戦する事を夢見ている、アホウな飼い主です・・。
[PR]
by kobo_natsu | 2005-01-21 22:17 | 蹴球生活