CL報道(05/2/24)

昨日の夜中、某お台場電視台で放送された、チャンピオンズリーグダイジェストを見た。

マドリーの試合結果についての一般紙や報道メディアの取り上げ方は、昨日お話しした通りである。

しかし、この番組は、1時間半でチャンピオンズリーグの試合をほぼ網羅してくれる、有り難い番組。
内容も、私のようなサッカーバカを対象としていると思われるような、選手や監督のレアなインタビューが満載であるため、この番組なら必ずやベッカムだけでなく、エルゲラについても取り上げてくれるだろうと、期待して見ていた。

しかし、この期待は見事に裏切られてしまった。

この番組でも、得点シーンに関しては、ベッカムのキックの精度の高さのみが取り上げられ、その称賛に終始していた。
わずかに、その日のゲストとして招かれていた、とあるサッカーフリークの俳優さんが、エルゲラのヘディングを褒めてくれてはいたが、他の人達は、ベッカムの蹴ったボールに合わせて、走って、飛んで、ひねったエルゲラでなく、ベッカムがエルゲラの頭に合わせて蹴ったように話していた。

ああぁ。

この番組なら、エルゲラの素晴らしさを取り上げてくれると思ったのに。

これに限らず、ベッカムのプレーに関する報道姿勢には、かねてから疑問を持っていた。

c0040315_2122576.jpgベッカムの右足は確かに素晴らしい。
しかし、だからといって、そればかりを取り上げて終わってしまうのはいかがなものかと思う。
それは何も、活躍したのにもかかわらず、ベッカム報道の過熱ぶりに、霞んでしまったエルゲラのような選手が出てしまうから、という理由だけによるものではない。

昨日の試合の伝え方を例に出せば、ベッカムは、ジダンを使いこなし、見事なポジショニングを披露していた。
だから、ベッカムの右足以外の優れたプレーについても、きちんと伝えて欲しいと思うのだ。

確かに、見目きらびやかな外見には、仲間のパスに反応し、消耗をいとわず走る土臭いプレーというのは、不釣り合いなのかもしれない。
しかし、選手としてのベッカムは、そのような勤勉さに魅力があるのだと個人的には思っている。
そして、そのようなプレースタイルは、ベッカムの外見とのギャップから、むしろ好意的に受けとめられるのではないかと思われる。
jumpin_upanddownさんも記事上でおっしゃっていたが、こうした偏面的な伝え方は、ベッカムやベッカムを愛するファンの方々を辱めてしまうように思えてならない。

せめてこのような、私のようなサッカーバカ以外に見ないような時間帯に放送される番組には、もう少し配慮をお願いしたいと思う。
[PR]
by kobo_natsu | 2005-02-25 17:42 | ニュース