ジダンの後継者、続報

先日ご紹介した(ジダンの後継者参照)、ムラド・メグニ(FW・ボローニャ、フランス)の最新情報、ジェレミー・メネーズ(FW・ソショー、フランス)についての詳細が得られました。


○ ムラド・メグニ争奪戦、対戦カード決まる?

c0040315_9473781.jpg以前から様々なビッグクラブの注目を集めてきたメグニくん。どうやら本格的に獲得に乗り出すクラブは、絞られてきたようだ。

一方は、かねてからメグニくんに熱い視線を送っていたユベントス。
他方は、ここにきて獲得に名乗りをあげつつある、我らがマドリー。統括ディレクターであるサッキのお気に入りらしい。サッキが視察のため、ボローニャの試合を観戦したことは、先日ご紹介したとおり。

ちなみにメグニくんは、ボローニャとの契約が2007年まで残っているので、もしも今夏に移籍するのなら、移籍金(メグニを獲得するクラブが払うメグニの契約解除違約金)が発生する。
その額、1000万ユーロ(約13億6000万円)。

ボローニャは、移籍交渉に応じる姿勢をみせているようなので、もしかしたら今夏には、いずれかのクラブのユニフォームを着たメグニくんが見られるかもしれませんね。
白と黒のしましまか、真っ白か。メグニくんはどちらを選ぶのか。

ちなみにジダンは、白黒VS白の争奪戦ではありませんでしたが、始めに白黒を着てから白を着ましたけどね。
メグニくん、あなたの大好きなジズーもいることだし、フランス語で会話も出来るから、始めから白を着てみない?



○ 控えめな天才、ジェレミー・メネーズ

c0040315_948240.jpg


フランス期待の新星、メネーズくんについての詳細がわかりました。

メネーズくんは、現在所属するソショーとプロ契約を結ぶ前、実はマンチェスター・ユナイテッドのファーガソン監督から、熱烈にイングランドに来ることを誘われていたそうです。

ファーギーは、メネーズくんをオールドトラフォード(マンチェスター・ユナイテッドのホームスタジアム)に招待したり、自らフランスまで足を運び、メネーズくんのご両親を説得するなど、熱心に自分の思いを伝えたそうです。
しかし、メネーズくんは、自分の才能を最初に見出してくれた小さなクラブ・ソショーを選びました。それでも、一生懸命に誘ってくれたファーギーに敬意と感謝を表わすことも忘れなかったそうです。

メネーズくんは会計士をめざして勉強していたそうですが、プロ契約を結んだのを機に、サッカーに専念しているそうです。
サッカーを離れれば、メグニくんと同様、プレステが大好きな普通の男の子らしい。
コーチによると、自分で話をするよりも、人のジョークを聞いて笑っている、おとなしいタイプなのだそうです。
その控えめな性格はプレーにも表れているようで、有り余る才能を授けられながら、チームプレーに撤することが出来る選手のようです。
これから楽しみですね。


これでますます、第三の男、カメル・メリエル(MF・フランス代表、ボルドー)の謎が深まってしまいました。
[PR]