エルゲラ同盟、活動中

有名な情報なので、ご存じの方も多いかと思いますが、一応ご紹介。

イヤミの帝王、イバン・エルゲラさんは、飛行機が苦手。

ちなみに、ロナウジーニョ(MF・ブラジル代表、バルセロナ)も飛行機嫌いで有名ですよね。
ロニーくんの場合、国内線に乗るときは、離陸前にコックピットに入れてもらって安全を確認し、フライト中は、睡眠薬を飲むそうです。
死ぬときは眠って死にたいからだそうですが、きっと神様も、ロニーくんのファンタジーをまだまだ見たいと思っていると思うので、当分天に召されることはないと思いますよ。

でも、スーパーモデルとサッカー選手は、飛行機に乗るのも仕事のうちだといわれるくらい、飛行機移動が多いのに、大変ですね。

先日のオサスナ戦後、マドリーの選手は、ロナウドの用意したチャーター機で、ロナウドの結婚式の行なわれるパリに向かったそうですが、エルゲラには臨時列車(そんなのあるの?)の方が良かったのですかね。
c0040315_1213094.jpg






「よく考えてみろよ、鉄の固まりが宙に浮くって、
普通、ありえないだろっ!?」


そういえばエルゲラは、去年の2月頃に、公にチームを批判したことにつき、、チームから制裁(罰金)を課されていたことがありましたね。

中盤の守備職人・マケレレ(MF・元フランス代表、現チェルシー)を放出し、守備が本職でないベッカムにマケレレの抜けた穴を埋めさせたことで、チームがバランスを失したことは、チームの選手配置の妥当性と関連するとして、チームの方針に疑問を呈した、という内容だったと記憶しています。

この発言に、繊細なベッカムは傷ついたそうですが、エルゲラはチームの方針を批判したのであって、ベッカムの才能を批判したわけではないと思うので、どうか許してあげて頂きたいですね。

この二人は先日、ベッカムのFKをエルゲラが押し込み、決勝点をあげるという、共同作業を見せてくれました。

ゴールをあげた時、エルゲラは真っ先にベッカムのもとへ向かっていたし、ベッカムも、心の底からうれしそうにエルゲラにしがみついていたので、あの罰金事件は、二人の間では過去のものとなっているのでしょうね。

確かにエルゲラの発言は、猛毒ですが、その率直な言葉は、時として、我々マドリディスタの声を代弁してくれているのも事実。
それに、ラウールが、主将としての立場上、優等生発言に終始しなくてはならないのとは反対に、エルゲラはイヤミの帝王としての自らの役割(8割方、素だろうけど)を理解し、的を得た毒舌で我々マドリディスタを楽しませてくれる。
貴重なキャラクターですね。

c0040315_122168.jpg




「俺だって、なにも考えなしに、
しゃべってるわけじゃないんだぜ。」





こちらに、jumpin_upanddownさんによるエルゲラ占いあります→ファーポコさんエルゲラ情報/エルゲラ占い

私はなんと!エルゲラでした。歯に衣着せぬ言葉で、敵を作らないように、気を付けなければなりません。
[PR]