トミー、デンマーク代表引退を表明(06/09/15)

◎ グラベセン、デンマーク代表引退を表明

c0040315_1059187.jpgデンマークサッカー協会は、グラベセン(MF・デンマーク代表、セルティック)が代表から引退する決意をしたことを明らかにしたそうだ。代表を引退する理由についてグラベセンは、クラブでのプレーに集中するためと語ったそうだ。

■ 今シーズンマドリーからセルティックに移籍したトミー。個人的にとても好きな選手なので、移籍してしまったことをとても残念に思っていましたが、チャンピオンズリーグのセルティック戦を見る限りでは、とても生き生きとプレーしていたので、本人にとっては良かったのではないかと思いました。
多少のミスはありましたが、俊輔とのコンビネーションからのシュートは、繊細かつ力強い、とてもトミーらしいものでした。
残念ながらこの試合は、マンチェスター・ユナイテッドに負けてしまいましたが、このまま行けば、予選突破は出来るのではないかと思いました。緑と黒のしましまユニ(AWAY用みたいですね。)も似合ってましたね。
俊輔と同じチームなので、もしかしたらトミーの日本のファンの方々への浸透度はアップするかもしれませんね。ファンとしては、たくさんの人にトミーの魅力を知ってもらいたいです。

代表引退は残念ですが、もしかすると、後進の事を考えての選択なのかもしれませんね。あくまで憶測に過ぎませんが、今年のW杯出場を逃したことで、デンマーク代表も世代交代の必要性が高まっているのかもしれません。
30歳でボランチ、フィジカルの強さ等を考えると、トミーはまだまだ活躍できる選手であるとは思いますが、自分が代表に残ることにより、チーム再編が妨げられることを懸念したのかもしれませんね。
トミーのクラブでのプレー、そしてチャンピオンズリーグでの活躍を期待しています。

トミーインタビュー
[PR]
by kobo_natsu | 2006-09-17 10:59 | ニュース