「ほっ」と。キャンペーン

W杯:予選リーググループE チェコ×ガーナ(06/6/17)

☆ チェコ×ガーナ   0-2

前2分:ギャン(FW・ガーナ代表、モデナ)
後37分:ムンタリ(MF・ガーナ代表、ウディネーゼ)

序盤、CKのクリアを拾ったアッピアー(MF・フェネルバフチェ)は、そのままゴール前のギャンへ。
ギャンはゴールにボールを突き刺した。

チェコはあわてることなく、いつもどおりにゲームを進める。
美しいフォーメーションに、裏を突くパスワーク。
中盤の底からの押し上げにより厚みのある攻撃により、ガーナを圧倒していた。
チェコのパスは、常に正確で、パス回しのリズムが崩れることはほとんどなかった。

対するガーナも、チェコの中盤のキーマンを潰しにかかる。
ロシツキ(MF・アーセナル)だ。
前節のアメリカ戦を研究したのか、ガーナはとにかくロシツキを徹底マークした。
華奢な割には守備にも良く耐えられるロシツキだが、鋼のような肉体の大男3人ほどを相手にしては敵うはずもなく、幾度もピッチに飛ばされていた。
それでも、まゆ1つ動かさず、タイトなマークに耐えていた。

チェコは、1人が囲まれれば、すぐにフォローに向かう。
そんな連携の良さにも盲点があった。
フォローに向かうことにより、中央に選手が寄り、サイドががら空きになるのだ。
ガーナは、この盲点を上手く突いた。

中盤でプレスをかける→チェコの選手が中央に寄る→空いたサイドを、スピードを活かして一気に突破。
ガーナの身体能力を活かした、見事な戦術だった。

チェコは、最後まで善戦し、ゴールに向かったが、得点にはいたらなかった。

結局ガーナが勝利し、チェコは次節の勝利を義務付けられた。
相手はイタリア。
チェコがすべきは、今のままのサッカーをすることであろう。
この敗戦に自信を失わず、予選を突破してくれることを願ってやまない。
[PR]
by kobo_natsu | 2006-06-18 14:41 | 試合観戦記