速報:チャンピオンズリーグ1 回戦2nd レグ

☆ バルセロナ VS チェルシー   1-1

後33分:ロナウジーニョ(FW・ブラジル代表、バルセロナ)
後48分:ランパード(PK)(MF・イングランド代表、チェルシー)


試合の詳細については後ほど。
少しだけお話すると、互いにらしくない試合でしたが、バルサには余裕が感じられ、効率よく試合を運んだように見えました。
チェルシーはサスペンションに泣いた感じに思えました。
試合はドローでしたが、トータル3-2で、バルサが2回戦進出を決めました。
バルセロニスタの皆様、おめでとうございます!
ブルーズファンの皆様、残念ですが、私はダフ(MF・アイルランド代表、チェルシー)のシュートやクロスにしびれました。


☆ ユベントス VS ヴェルター・ブレーメン   2-1

前13分:ミクー(MF・フランス代表、ヴェルター・ブレーメン)
後20分:トレゼゲ(FW・フランス代表、ユベントス)
後43分:エメルソン(MF・ブラジル代表、ユベントス)


前半が終わり、スコアを確認した時は、このままブレーメンが行くかと思われましたが、さすがユーベですね。見事な逆転勝利で、2回戦進出を決めました。
トータルスコアは4-4ですが、ドローの場合はアウェーの得点を倍に計算するので、合計6-5となり、ユーベが勝ち抜けとなります。

トレゼゲの得点は、安定していますね。1stレグでも貴重なアウェーゴールをあげていました。
レ・ブルーでも、期待したいです。


☆ ビジャレアル VS レンジャーズ   1-1
前12分:ロベンクランズ(FW・デンマーク代表、レンジャーズ)
後4分:アルアバレーナ(DF・元アルゼンチン代表、ビジャレアル)


1stレグでも得点していた注目の若手ストライカー、ロベンクランツが、またもやゴールを決めました。
チャンピオンズリーグのような大舞台で得点を決めらられるというのは、ある意味実力以上の何かを感じられますね。
やはり注目です。

しかし、試合はビジャレアルが同点に追いつき、2回戦進出を決めました。
トータルスコアは3-3ですが、アウェーゴールを倍に計算すると、トータル5-4でビジャレアルが勝ち抜けです。

ビジャレアルは、会長主導で、クラブの財政を建て直し、3~4年かけて地盤を固め、地道に作り上げてきたチームです。
その成果がここまで花開いたことは、本当にすばらしいことだと思います。
攻撃的で魅力的なサッカーは、リーガファンならずとも、魅了されたことでしょう。
リーガの同胞の快挙は、本当にうれしいです。
次回は、さらに困難な試合となると思いますが、期待したいですね。


この結果、バルサ、ユーベ、ビジャレアルが勝ち抜けを決めました。
マドリーも今夜、後に続いてほしいものです。
[PR]
by kobo_natsu | 2006-03-08 08:31 | ニュース