速報:チャンピオンズリーグ1 回戦1st レグ

☆ レアル・マドリッド VS アーセナル   0-1

後2分:アンリ(FW・フランス代表)

負けてしまいましたね・・。
印象としては、アーセナルもそれほど調子が良いように見えなかったのですが、ヴェンゲル監督の策略にやられた感じがしました。
詳しいレビューは後程にしますが、少しだけ概略を。

マドリーのスタメンは昨日の通りだったのですが、やはり、最終ラインが不安定でした。
そのため、中盤の底のトミーは、一人でリュングベリ(MF・スウェーデン代表)やフレブ(MF・ベラルーシ代表)を見なくてはならず、かなり負担がかかっていました。
アーセナルはコンパクトな布陣で巧みに苦しいトミーを狙い、空いたスペースをアンリやレジェス(FW・スペイン代表)が突いてきました。
マドリーは中盤を封じられました。

サイドは、最終ラインが不安定だったことから、シシーニョ、ロベカルは思い切り上がれず、こちらも沈黙。
アンリのゴールは、ラモスが振り切られてやられました。
マドリー弱点がわかりやすいチームなので、知将タイプの監督が率いるチームには弱いのかも知れませんね。
次に期待します。


☆ PSVアイントホーフェン VS オリンピック・リヨン  0-1

後20分:ジュニーニョ(MF・ブラジル代表、オリンピック・リヨン)

リヨンは怪我人が多く、ジュニーニョも不調と言われていましたが、彼の無回転FKが勝負を決めたようです。
リヨンは貴重なアウェーゴールをあげられましたね。

☆ ベンフィカ VS リバプール   1-0

前39分:ルイゾン(DF・ブラジル代表、ベンフィカ)

リバプールはヌーノ・ゴメス(FW・ポルトガル代表)の多彩な攻撃に手を焼いたようです。
ゴールをあげたルイゾンは、守備面でも素晴らしい活躍を見せたようです。
このカードの行方が面白くなってきましたね。


☆ バイエルン・ミュンヘン VS AC.ミラン   1-1
前23分:バラック(MF・ドイツ代表、バイエルン・ミュンヘン)
後13分:シェフチェンコ(PK)(FW・ウクライナ代表、AC.ミラン)


この黄金カードは、両者痛み分けとなりました。
ただ、ミランはアウェーゴールをあげられたので、やや有利と言えるでしょうか。



今日の試合も、好カードが目白押しです。
注目したいと思います。
[PR]
by kobo_natsu | 2006-02-22 08:42 | ニュース