松井、月間最優秀選手に輝く(06/2/18)

◎ 松井大輔、リーグアン月間MVPに輝く。

スポーツナビによると、松井は、フランスのスポーツ紙・レキップ、テレビ局・カナル・プリュス及びプロ・サッカー選手協会の選定するリーグアン月間最優秀選手に選ばれたそうです。
レキップは、辛口評価で有名な新聞ですが、松井は以前から、そのレキップから高い評価を得ていたのは、以前ご紹介したとおりです。
セリエやプレミアに比べると注目度の低いリーグアンですが、最近ではフランスやアフリカのスター候補の若手選手や、いぶし銀のベテラン選手の活躍など、他のリーグに引けを取らない選手の質、そして、彼らのテクニックと持ち前のフィジカルの強さで、魅せるサッカーを展開しています。

そんな中で、並居る実力派の選手達を押しのけて1月の月間MVPに輝いた松井の実力は、本物と言えるでしょう。
おそらく、今年のW杯でも日本代表の浮沈の鍵を握る選手となりうるはずです。

奇しくも先日行われた親善試合では、日本代表は未だチームの形が見えずにいるようです。
松井の持ち味は、単に個人技に長けているというだけではなく、パスやドリブルの一つ一つがチームとして連動していることや、自らのプレーを他の選手のビルドアップにつなげられるところにあると思われます。
そのため、意図のないプレーが多い現在の日本代表にとっては、松井のコーディネート能力は、大変有効であると思われます。
この、コーディネート能力については、以前から小野にも備わっているといわれており、イタリアのメディアから「東洋のピルロ」と評されたほどでした。
しかし、小野は、度重なる故障により、試合勘が鈍っているようで、先日の試合は、その持ち味が発揮できなかったようです。

そんな今こそ、松井の出番なのではないかと個人的には思っています。
松井が代表としてプレーすることにより、日本代表を牽引してくれることを期待しています。




長らく更新せずに、本当にスイマセンでした。
そして、CLのアンケートにご投票いただいた皆様、本当にありがとうございます。
ただ今を持って締め切らせていただきました。
明日はいよいよCL再開です。
明日の再開までに結果を集計したいと思っておりますので、少しお待ちくださいね。

最近のマドリーについて、何も書けずにすいません。
とりあえず連勝中なので、マドリディスタにとっては、おめでたいですね。
次のレビューはCLになると思います。
頑張って書きますので、よろしければご覧になってみてくださいね。
[PR]
by kobo_natsu | 2006-02-20 20:29 | 選手