アンリ、3週間の離脱(05/9/11)

◎ アンリ、チャンピオンズリーグ欠場の見通し

アンリは、14日(水)に行われる、チャンピオンズリーグ開幕戦、VSトゥーン戦を欠場することになったそうだ。
アンリは、アイルランド戦において負傷したふくらはぎに加え、グロインペイン症候群(恥骨結合炎)の再発により、復帰までには3週間を要するそうだ。

■ 先週のヴェンゲル監督の話によると、アンリのケガは軽傷で、チャンピオンズリーグには間に合うとのことだったのですが、どうやらそうも行かなくなったようです。

先日の記事では、グロインペインがふくらはぎを蹴られたことによるものであるかのようにお伝えしてしまいましたが、どうやらアンリは、グロインペインとふくらはぎの2つの負傷を抱えているようで、どちらが重いのかは、記事によって様々なので、真実は未だよくわかりません。

関連記事→スポーツナビ

ただ、あくまで私見ですが、治りにくいのはグロインペインの方なので、おそらくそちらの治療に時間がかかるものと思われます。10月の代表戦には間に合うと思うのでそれ程心配していないのですが、アーセナルにとっては予想外の誤算なのでしょうね。

先日のミドルスブラ戦では、好機を逃す場面が多く見受けられ、アーセナルにとっては苦しい展開でした。
レジェスやベルカンプは素晴らしいプレーを見せてくれたこともあり、あの敗戦は、戦術面ではアンリの不在とは関係がないように思えました。
しかし、精神面においては、現在アンリが、チームメイトのメンタルに及ぼす影響は、決して小さくないことがあの試合から感じられました。
貪欲なまでにゴールに向かうアンリの姿勢は、時に狡猾で批判を受けることすらありますが、それこそがアーセナルを勝利に導いていたものだと思います。

厳しい状態でチャンピオンズリーグ開幕戦を迎えるアーセナルですが、アンリが帰ってくるまで、なんとか持ちこたえて欲しいですね。
[PR]