マドリーの新加入選手

イタリアでは、ヴィエリ(FW・イタリア代表)がインテルから、永遠のライバル・ミランに移籍するなど、コンフェデレーションズカップが終わってからというもの、欧州の移籍市場は活発化してきています。
我らがマドリーも、現在までに2人の選手の入団が決まりました。
日ごろ、こちらで偉そうに御託を並べている筆者は、実は万年勉強不足なもので、この2人のことはあまり良く知りません。
ですが、今のところ、この二人について知れる限りご紹介します。

c0040315_21542025.jpgパブロ・ガブリエル・ガルシア・ペレス(MF・ウルグアイ代表)
1977年5月11日生まれ
身長/体重:186cm /73kg
フィジカルに強い、守備的素養の高いピボーテ。
当たりが強く、ケンカっ早いらしい。
昨季のオサスナ戦では、グティとエルゲラにケンカを売ったらしい。
シャイな人らしい。
ヘアバンド族。腕に趣味の悪い刺青あり。

c0040315_21543326.jpgカルロス・ディオゴ(DF・ウルグアイ代表)
1983年7月18日生まれ
身長/体重:185cm/79kg
テクニックに優れた右サイドバック。
親子2代で右サイドバック。
あの、エンツォ・フランチェスコリ(元ウルグアイ代表。ジダンの憧れの人)に褒められたらしい。
憧れの人は、カフー(DF・ブラジル代表、AC.ミラン)とサネッティ(DF・アルゼンチン代表、インテル・ミラノ)。
坊主族。性格は不明。

c0040315_21544552.jpg

けっこう激しいですね。








2人の特徴を見る限り、妥当な補強と言えそうです。
ガラは悪そうですけど。
期待してますよ。
[PR]