ジズー、誕生日おめでとう。

c0040315_20303254.jpg今日はジダンの33回目の誕生日です。おめでとう!

ジダンはマルセイユ出身で、フランス国籍ですが、ご両親はアルジェリア人で、ジダンが生まれる前にフランスのマルセイユに移住してきました。
しかし、元をただせば、ジダン家のルーツは東ヨーロッパからアルジェリアに移住したカビル民族なのだそうです。
アフリカ北部にはイスラム教徒が多く、ジダンの両親もそうでした。
日本と違い、宗教や民族の違いによる差別が厳しいフランスでは、イスラム教徒のジダン家は、近所の人から厳しく当たられていたそうです。
そして、それは幼かったジダン少年に対しても例外ではなかったそうです。
ジダンの強いメンタルと寛容さは、この幼い頃の辛い経験により培われたのだといわれています。

子供の頃のジダンは、サッカーが大好きで、勉強はあまり得意ではなかったようです。
本人曰く、サッカー以外に取り柄がなかったジダンは、昼休みは先生に呼ばれて体育館でサッカーをし、放課後は住まいのあった集合住宅の広場で仲間を集めてサッカーをするという、サッカー三昧の日々を送っていたそうです。

そういう遊びの中で生み出されたのが、あのルーレット(足の裏でボールを触りながら体を反転させ、DFを交わすフェイント)である事は、有名な話ですね。

先生とサッカーをすると、お父さんがジダンの大好きだったファンタオレンジを買ってくれたそうで、ジダンは昼休みの一戦にますます熱がこもったそうです。

放課後の試合では、ゲームに夢中になるあまり、ボールを飛ばして近所の家の窓ガラスを割ってしまったことも多々あったようです。
その場合、謝りに行くのはいつもジダンだったそうです。
本人によると、ジダンの緑色の眼をみれば、どこの家のお母さんも許してくれたらしいです。

また、夕方になると、夕食の用意が出来たお母さんがジダンを呼びに来ていたそうですが、毎日13回くらい呼ばないと家に帰ってこなかったそうです。

ジダンは有名になった今でも、昔と変わらぬ様子で周りの人に接するそうです。
98年にバロンドール(フランスの「フランス・フットボール」誌が、世界52ケ国のサッカージャーナリストの投票により決める欧州最優秀選手に与えられる賞。サッカー界ではもっとも権威がある賞とされている。)を受賞した時には、授賞式に自分の両親と、子供の時に毎日一緒にサッカーをやっていた仲間を招待したのだそうです。
このように、ジダンが昔と変わらないのは、子供の頃から毎日やっていたことを今も変わらずやっているからかもしれませんね。

あまり一般ウケしない話を長々としてしまいましたが、最後に、お借りしたもの以外は、大して新鮮味のない写真をどうぞ。


c0040315_20241279.jpg

これは似合ってますが、












c0040315_2036514.jpg

これは全然似合ってません。(写真ご提供:neoさん)









c0040315_20305621.jpg

かわいいシャキーラちゃんや












c0040315_20481583.jpg

金メダリストの方にもお会いしました。
この時の服もブーです。










c0040315_20322469.jpg

そういえば、こんなCMにも出させられていましたね。
ジダンがジダンダ(地団太)を踏んだとか、超くだらないことを言わされてました(泣)。




c0040315_2042385.jpg


この二人を見ると、くまのプーさんとティガーを思い出します。
もちろん、プー(ジズー)とティガー(リザ)です。
c0040315_2356422.jpg



こんな感じ?













c0040315_2045872.jpg



とにかく、おめでとうございます。








こちらの方が面白いです。ぜひご覧ください!→◇◇jumpinさんの「ファーポコ」◇◇
こちらも面白いです。ぜひどうぞ!→◇◇neoさんの「ソラセレブ」◇◇


◇◇ただいま、シーズンオフ企画をやっております。よろしければ覗いてみてください。◇◇
もしもサッカー選手になるなら…。

なんとなくの気になることの・・・」のbazzin180さんも記事上でご紹介くださいました!
本当に、貴重なスペースを頂き、ありがとうございます!
まだまだ開催中ですので、よろしければ皆様、ご投票よろしくお願いします!

[PR]
by kobo_natsu | 2005-06-23 20:48 | ジダン話