ドラソーを狙うPSG

◎ PSG、ドラソーを諦めず。

c0040315_2019341.jpg
PSG(パリ・サンジェルマン)はドラソー(左写真、MF・フランス代表、AC.ミラン)獲得を熱望しているそうだ。
ドラソーの移籍金は推定400ユーロ(約5億3000万円)とみられているが、ミランとの契約があと1年残っているため、ミラン側が簡単には手放さないと言われているのだという。
しかし、PSGは諦めずにドラソー獲得のための資金集めに奔走しているのだそうだ。


■ ドラソーについては、デポルが獲得を目指しているという話が以前ありました。
しかしここに来て、PSGを始めとするフランスのクラブからも狙われているという話が浮上してきました。

私はデポルに来て欲しいのですが、フランスのクラブの熱心な誘いがニュースになっているにもかかわらず、デポルの動きについて何も聞こえてこないので、デポルは獲得を断念したのかと、少し心配です。

もしも、ドラソーがPSGに移籍するのなら、ロテン(MF・フランス代表)とプレーエリアがかぶってしまい(双方供に左ライン際を好む)、併用しづらいのではないかと、私の脳内で勝手にシュミレートされているのですが、監督はどういう意図で獲得したいのでしょうかね。

また、ミラン側も、ドラソーは放出したくないようなので、PSGが愛しの君を射止めるのは難しそうですね。
ミランが手放したくないのは、男前好きと言われているらしき、ベルルスコーニ前会長の意向が強く働いているのでしょうか(笑)。
いやいや、きっとあの、テクニックと正確な状況判断能力に惹かれてのことですよね。
どうなるのか、かなり気掛かりです。
[PR]
by kobo_natsu | 2005-06-15 18:50 | ニュース