親善試合:フランス VS ハンガリー(05/5/30)

☆ フランス VS ハンガリー 2-1
前9分:シセ:(FW・フランス代表、リバプール)
前34分:マルーダ(FW・フランス代表、オリンピック・リヨン)
後33分:ケレケシュ(ハンガリー代表)


やっとサンドニメス(フランスのホーム。パリ。)で勝てましたね。
ドメネク監督になってから、サンドニでは引き分けばかりで、勝てたことがなかったのですよね。
試合の様子、スタメンなどはわかりませんが、とにかく勝ててよかったです。

c0040315_5224638.jpg

先制点をあげたのは、先日チャンピオンズリーグで優勝したばかりの、リバプールのシセ(左写真)。
しかもシセは、足を切断しなくてはならなかったかもしれないほどの重傷を負い、復帰してから初めての代表戦でした。
この、シセの好調ぶりに、W杯予選突破に向けて、少し希望が持てます。

シセはスピードとテクニックを備えたフランス人らしいFW。
しなやかな動きと、柔らかいボールタッチで、相手の守備をかいくぐります。

本来は、DFの嫌がるスペースにすぅっと入る、ネコ科の動物のような動きで、DFのウラをかくタイプですが、リバプールでは、スピードとテクニックを生かして、サイド突破要員として使われているようです。

c0040315_5263365.jpg



マルーダ(左写真)はチャンピオンズリーグでの爆発的得点力が記憶に新しい、リヨンのFW。
まだまだ発展途上ですが、得点感覚に優れた、若きゴールハンターです。



あるフランス人記者は、「フランスが、W杯出場を逃すときに落ちこまないよう、今からフランスはドイツには行けないと、いい聞かせている。」と言っていました。
それほどまでに、フランス国民は今のレ・ブルー(フランス代表)に失望しているようです。
c0040315_5283931.jpgしかし、今回の勝利を機に、なんとかチームが浮上してくれることを願います。
[PR]