モテモテアンリくん

◎ アンリ、ジュリやロナウジーニョ、ロビーニョからラブコール。

c0040315_2031356.jpg先日、ジュリ(FW・フランス代表、バルセロナ)がフランス代表の同僚のティエリ・アンリ(左写真、FW・フランス代表、アーセナル)につき、他国リーグに興味を持っており、バルサに移籍する可能性が全くないとは言えないと話したそうだ。
アンリについては、ロナウジーニョ(MF・ブラジル代表、バルセロナ)が以前、一緒にプレーしてみたい旨のコメントを出し、バルセロニスタ(バルセロナファン)もアンリを獲得するよう、クラブに要望を出していた事もあったそうだ。

また、このアンリについて、マドリー入りが噂されているロビーニョ(FW・ブラジル代表、サントス)も、一緒にプレーしてみたいと話したそうだ。
このロビーニョのコメントは、ロビーニョ獲得につき、アーセナルも名乗りを挙げたことについて、アーセナルからのオファーがあったことを認めると同時に出されたものなのだそうだ。

■ リーガファンの私としては、アンリがバルサに来てくれたら、こんなにうれしいことはないのですが、バルサには既に、エトー(FW・カメルーン代表)、ラーション(FW・スウェーデン代表)という優秀なFWがいるため、アンリが移籍すると、マドリーのようにFW供給過多に陥るように思われます。
それに、アンリが来たとしたら、アンリとポジションのかぶるエトーやロナウジーニョを外すことは考えられないので、ジュリを外してそこにアンリが入るか、ジュリを外して右にロナウジーニョ、左にアンリとなる事が考えられそうです。
しかし、いずれにしろ、ジュリが外されてしまう可能性が高いので、ファンとしては悲しいです。

本人は以前、奥様がイングランド人ということや、アーセナルへの愛着を理由に、他のクラブへの移籍はないと表明していました。
しかし、国外のタイトルを未だ獲得していないことや、日本のガナーズ(アーセナル)ファンの方々から、レジェス(FW・スペイン代表)をいじめてるとか、アンリよりベルカンプ(FW・元オランダ代表)を出せとか、ボール持ちすぎ(これはあるかもね・・)など、あることないこと散々言われて、あまり好かれていないことを考えると、それなら、Youスペインに来ちゃいなよ!と言ってあげたいですね。
アンリはスペイン語も少し話せるようですし、スペインのファンも温かく迎えてくれそうですから、すぐに馴染めそうな気がします。

アーセナルは素晴らしいチームですが、今季の不振はその成熟を越えたマンネリズムにあるように思います。
そのため、行き先はどこであれ、アンリはアーセナルは出たほうがいいのかもしれないと個人的には思っています。

c0040315_20323372.jpg今後の動向に注目ですね。
[PR]