予想スタメン選手紹介(05/3/26:フランス代表 VS スイス代表)

今日はW杯予選のフランス代表のスタメン予想。

GK:バルテズ(マルセイユ)

かつては世界No.1GKとよばれていたが、最近ではその神がかり的セービングも影をひそめる。先日2006年引退を宣言。父は元ラグビーフランス代表、奥様は美人女優。


DF:ゼビナ(ユベントス)

攻守にわたり精力的にチームに貢献する頼れるサイドバック。今日も、スイス攻略の鍵をにぎる。


:ジベ(モナコ)

デシャンの教えのもとに、満身創痍のフランスを支えるセンターバック。今日も頼むよ。


:ブームソン(ニューキャッスル)

成長著しいセンターバック。今日はレギュラーアピールという上でも重要な試合となる。


:ギャラス(チェルシー)

守備はもちろん、タイミングの良い前線への飛び出しで、機能しない攻撃を救う。


MF:ビエラ(アーセナル)

パスセンス、守備、攻撃参加、運動量とピボーテに必要な要素の全てを兼ね備えた希少品種のピボーテ。
しかも、リーダーシップもとれ、ある意味ジダンを越えた存在ともいえる。


:ペドレッティ(マルセイユ)

守備とパスセンスに優れた若き才能。ビエラとのコンビは最強のはずだが、いまいち機能していない。今日は機能するのか。


:ヴィルトール(リヨン)

現在フランス代表の中で、もっとも乗りに乗ってる選手。この決定力の高さや、ラストパスの精度は、必ずやフランスの武器になるだろう。


:ドラソー(AC.ミラン)


クラブでは出場機会に恵まれていないが、先月のスウェーデン戦での活躍が認められて、先発の可能性が高い。三十路ウインガーとして頑張って欲しい。


FW:トレゼゲ(ユベントス)

フランスのゴールハンター。PA内で生きる選手。今日はラストパスに恵まれるか。


:アンリ(アーセナル)

早さ・高さ・巧さ・展開力の全てを備えた完璧FW。ケガによりコンディション不良が懸念されるが、フランスのエースであることに変わりない。


優れた司令塔・ハカン・ヤキン擁するスイスは決して油断はできない相手であるため、今日もフランス代表は苦戦を強いられることが予想される。
c0040315_21221711.jpgしかし、W杯に出場するためにも、とにかく勝って欲しい。
[PR]